全般

オリーブとオリーブの違いは何ですか?そしてそれらの用途は何ですか

オリーブの木の楕円形の果実が成長する中高さの木。この植物は地中海を起源としています。何世紀にもわたり、彼らは地中海沿岸に生息する人々の主な食生活の一部でした。オリーブの木はゆっくり成長し、平均寿命は500年に達し、高さは16メートルに達することがあります。そしてそれらは成長するオリーブ、そしてオリーブに使われています。

それらはない地域で育ちます乾いたよく排水された土を好む霜。木は実を結び始め、3〜4歳になります。しかし、場合によっては、オリーブの収穫に時間がかかることがあります。リソースNutrition And Youのページにこの植物についての興味深い事実がたくさん集められていて、それはオリーブがおいしいだけでなく健康にも非常に良いことを示しています。

内容

  • 1オリーブとオリーブの違いは何ですか
  • 2オリーブの健康効果
  • 3オリーブは酸化防止剤です
  • 4オリーブやオリーブから作られたオリーブオイル?
  • 5オリーブオイルとひまわり油の違いは何ですか
  • 6危険なオリーブとは何ですか?

オリーブとオリーブの違いは何ですか

ブラックオリーブ(オリーブ) - これらは成熟した果実であり、そして緑色の果実は未熟です。どちらも食品業界で使用されており、さまざまな果物ではありません。色は成熟度にのみ依存します。オリーブの味は品種によって異なります。ダークオリーブはより穏やかな味をし、グリーンオリーブはよりシャープでシャープです。グリーンオリーブは熟す前に集められた果物と呼ばれています。色は黄色から緑色までさまざまです。組み合わせたオリーブは熟してから成熟するまで集められた果物です:それらの色は茶色からピンク色まで異なります。ブラックオリーブ(ロシアではオリーブと呼ばれています)は熟成後に集められた果物です。

生のオリーブは苦い成分オレウロペインを含んでいるので、生のオリーブはまったく消費されず加工が必要であることに注意することは重要です。

オリーブの健康上の利点

オリーブはできません。ビタミンCを多く含みます。それらの有用な品質は異なります。オリーブは伝統的に非常に健康的な食品と見なされています。それらはエネルギーを提供するだけでなく、かなりの量の植物酸化防止剤、ミネラルとビタミンも含みます。

オリーブはカロリーが穏やかです。 それらのエネルギー値は100グラムあたり115キロカロリーです。カロリーは主に脂肪から来ています。同時に、オリーブは健康な脂肪を酸の形で含んでいます。これは低密度リポタンパク質(「悪玉コレステロール」)のレベルを下げ、「善玉コレステロール」のレベルを上げるのに役立ちます。地中海の食事療法が冠状動脈疾患と脳卒中の予防に役立つことが研究によって示されています。

オリーブは酸化防止剤です

オリーブにはまた、オリーブに苦味とスパイシーな味を与えます。これらは強力な天然の抗酸化剤です。ビタミンEと一緒に、それらは癌、炎症過程、冠状動脈疾患、神経系の変性疾患、糖尿病および他の疾患と闘うのに極めて重要な役割を果たします。オリーブは、イブプロフェンと同様の抗炎症作用を持つことが研究により示されています。

また読む - 将来的には、あなたは食べ物のために店に行きませんが、店からの食べ物 - あなたに

オリーブにはかなりの量のビタミンEが含まれています。 100グラムの缶詰オリーブには1.65ミリグラムのこのビタミンが含まれており、これは1日の推奨摂取量の11%です。ビタミンEは、粘膜と皮膚の完全性を維持するのに必要とされる強力な脂溶性抗酸化剤です。さらに、オリーブにはカルシウム、銅、鉄、マンガン、亜鉛などのミネラルもかなり含まれています。

オリーブやオリーブから作られたオリーブオイル?

ブラックオリーブはオリーブオイルを作る、そしてグリーンオリーブ - 缶詰。オリーブ油は、飽和脂肪が少ないため、最も有用な食用油の1つと見なされています。オリーブオイルは、重要な脂肪酸の含有量の推奨比率によって特徴付けられます。ちなみに、高品質のエキストラバージンオリーブオイルを注ぐには、プラスチック製の容器は使用できません。新しいプラスチックでも、オリーブオイルがすぐに吸収する最低限の臭いがあるからです。

オリーブオイルとひまわり油の違いは何ですか

オリーブオイルにはひまわりよりもオレイン酸、それはより吸収されます。それは消化のプロセスを促進し、オリーブオイルを食事療法の製品にするので、オレイン酸脂肪酸は体にとって非常に有用です。また、オリーブオイルで加熱すると、有害物質がはるかに少なくなり、ひまわりとは異なり、フライに適しています。

オリーブオイルは骨組織を強化し、体の老化や心血管系の疾患の発症を予防するため、栄養学者はより有用であるとオリーブオイルを認識しています。

なぜオリーブは危険ですか?

オリーブは安全な食品と見なされています。 しかし、苛性ソーダに対してアレルギー反応を起こす人もいます。ソーダと塩は、オリーブを加工したもので、多くのナトリウムが含まれています。ボウルにオリーブを入れて、それらを食べる前にそれらを数回すすいで余分な塩とソーダを洗い流します。

危険を缶詰にすることができますオリーブそれらの色は、生産に使用されている技術に直接依存しています。このように、ロシアではオリーブと呼ばれるブラックオリーブの缶詰だけでなく、グリーンオリーブも熟していません。そして特別な扱いのために、それらの色は黒くなります。そのような効果を得るために、果物はE524とE579添加剤で酸化されます(それ故、あなたが店でオリーブを買うとき、これらの添加剤の存在をもう一度見ることは良いです)。それらの色は黒くなり、それらはより柔らかくなり、そして果実は特定の味を有する。

あなたが前に知っていましたか?そして、ブラックとグリーンオリーブは異なる果物ではなくて、成熟度だけが異なるということを知っていましたか?コメントやテレグラムチャットで共有しましょう。

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。