宇宙

#動画|はやぶさ2探査機が小惑星竜宮の地上サンプルをどのように収集したか

宇宙ステーション(JAXA)「はやぶさ2」が5グラムのタンタル弾で小さな天体を撃った後、「はやぶさ2」を使って小惑星の竜宮(162173)竜宮の土壌サンプルを採取するための作業の映像が公開されました。日本の宇宙機関は仕事の成功を指摘し、そして装置の使命はそれで終わらないと付け加えた。ミッションの専門家は来月龍宮の第2砲撃を行うことを計画しています。

「はやぶさ2」探査機の「着陸」が2月22日に行われたことを思い出してください。

公開されたフレーム上でスペースとして見ることができます最初に、装置は特別な発射体を発射した後に小惑星の表面にゆっくりと下降し、そして次に、できるだけRyugaの近くで、それは表面の土壌サンプルを集め、そして次に最初の軌道に到達するために急上昇します。

</ p>

JAXAの公式ウェブサイトには4月の最初の週にも同様のミッションが計画されています。今回は、竜宮の表面に接近し始める「はやぶさ2」とは別のブロックが分離します。それからある距離で、装置は2キロメートル毎秒の速度で小惑星の表面に急ぐ2キログラムの銅ディスクのショットを作り出すでしょう。機関は、それが小惑星での任務の間に人工のクレーターを作成することを計画されていて、それから宇宙オブジェクトの深さに隠れている岩のサンプルを集めることを試みると計画していると説明します。

宇宙体発射体と衝突したとき数メートルの直径を持つクレーターを作成する必要があります。操作の全プロセスを撃つために、装置に設置された自動カメラが責任を負います、この目的のためにそれは宇宙探査機から分離されます。実験中の「はやぶさ-2」自身は、ショット中に苦しまないように、小惑星の反対側に移動します。

クレーターを作成すると、岩が露出するはずです。JAXAの専門家たちは、彼らが太陽系の形成以来無傷のままであり、我々のシステムの惑星群の形成の歴史をよりよく理解するのを助けるであろう情報を含むかもしれないと信じています。 5月のどこかで、はやぶさ2号機は小惑星の表面に2度目の接近を試みてこの岩石のサンプルを集めることを試みるでしょう。

はやぶさ2ミッションが2014年12月に開始年です。 Appolonグループに属している(それらの軌道は外側から地球の軌道と交差している)地球に近い小惑星Ryuguは、2018年6月に宇宙探査機に到達しました。同じ年の秋に、この装置はRyuguの表面に3つの着陸モジュールを着陸させました。2つのRover-1AとRover-1Bのジャンパーと、1つの静止10キログラムモジュールのMASCOTで、ドイツの航空宇宙センターによって開発されました。

小惑星「はやぶさ-2」の軌道上での予定今年の11月から12月まで滞在し、その後地球に戻ります。探査機は2020年12月に小惑星の土壌サンプルと一緒に家に帰るべきです。

あなたは私たちの電信チャットで日本の宇宙ミッション「はやぶさ-2」のミッションの進捗状況を議論することができます。

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。