宇宙

#動画|日本初の民間ロケット打ち上げに成功

日本は今や国の数に帰せられるプライベートスペースロケットの打ち上げに成功しました。 2年連続で失敗したInterstellar Technologiesは、ついにそのMomo-3サブオービタルロケットの打ち上げに成功しました。北海道の島のサイトから発射して、それは110キロメートルの高さに上昇して、カルマン線を越えて、太平洋に落ちました。わずか8分35秒の飛行にもかかわらず、これは日本にとって重要なイベントです。Momo-3は民間企業によって開発された最初のロケットです。

日本のロケットの高さは9.9メートルに達します、そして直径は50センチです。その単調な質量で、それは20キログラムの重さの貨物を120キロメートル以上の高さまで持ち上げることができます。ペイロードはロケットの鼻の中の小さな区画に置かれ、加速の終了後、それは無重力状態になり、その後パラシュートで下降します。

2017年に初めてロケットを打ち上げようとしましたが、飛行の70秒後、彼女とのつながりは中断され、任務は失敗と呼ばれました。 2回目の打ち上げは2018年の夏に行われましたが、それも失敗しました - 離陸後の1秒後、エンジンで火災が発生し、ロケットは打ち上げ複合施設に落ちました。

幸い、3番目の試みはうまくいった - エンジンは指定された2分間作動し、ロケットは地球の大気と宇宙の境界をうまく通過しました。何千人もの人々が打ち上げを見ました - ビデオは下で見ることができます。

</ p>

Momo-3ミサイルメーカーは会社ですInterstellar Technologies - 2013年に起業家の堀貴文氏によって設立されました。以前は、インターネット会社Livedoor Coの社長を務め、経理詐欺でさえ非難されました。

科学技術のニュースに興味があるなら、Yandexのチャンネルを購読してください。禅そこには、サイトに掲載されていない資料があります。

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。