ガジェット

パナソニックは最初のフルフレームミラーレスLumix S1RとS1をリリースしました


パナソニック会社が発表会を開催フルフレームデジタルミラーレスカメラLumix S1RとLumix S1は、新製品の仕様と機能の完全なリストを提供します。カメラメーカーの発表について初めてフォトキナ2018展覧会で語ったが、デバイスの正確な特性とコストを開示することなく。

&times

支配者は現在2つに分けられますモデル、Lumix S1とLumix S1R:最初のものは24.2メガピクセルを含むセンサーを持っています、そして第二 - 47.3メガピクセル。 S1は、市場のビデオセグメントに焦点を当てたモデルです。一方、ほとんどの人が静止画を扱う人々は、50/60 fpsで4Kビデオを録画することができますが、S1Rをより魅力的に感じるでしょう。そしてフルHD解像度。 1秒間に180コマで記録することもできます。


カメラ間のその他の違いはその高いピクセル密度を持つS1RはISO 25 600、およびISO 51 200までS1に達することができます。しかし、S1Rははるかに高い解像度で画像を作成することができます。どちらのモデルも写真用の「高解像度モード」を備えています。これは、微視的なバイアス調整を実行する画像安定化システムを使用して、8回の露光からの情報を組み合わせたものです。これによりS1は96メガピクセル(12,000 x 8,000ピクセル)の解像度でRAWフォーマットで写真を撮ることができますが、S1Rは187メガピクセル(16,736 x 11,168ピクセル)の写真を撮ることができます。高解像度モードでは、これが問題になる場合にぼけを抑えるオプションもあります。

どちらのカメラも、SDカードまたは2つのカードスロットを介してソニーが設計したXQDカードのどちらにもビデオを録画できます。 CFexpressとの互換性は後で現れるでしょう。


パナソニックはいくつかのメモを取りましたセンサーの温度制御のために使用されるモードによる記録時間の制限。それは4K / 30pとフルHDは時間制限なしで記録することができると言います。実際、4K / 60p録画では29分59秒に制限されていますが、高速モード(たとえば、毎秒180フレーム)は15分の連続録画に制限されています。

S1とS1Rの両方で、音声を録音することができます。あなたはバランスのとれたXLRオーディオ入力を提供するためにあなたがDMW-XLR1マイクロフォンアダプターをカメラに接続することができるけれども、3.5mm線形壁ソケットを通して。


両方のカメラは電子機器を装備しています576万ドットの解像度、毎秒120フレームまでのリフレッシュレート、0.005秒の遅延、および10,000:1のコントラスト比を持つOLEDファインダー。カメラの背面には、210万点の解像度で3.2インチのタッチスクリーンが装備されています。ローアングルまたはハイアングルで見るために反転することができます。現在表示されているすべての重要な設定を表示するトップパネル付きの大型ディスプレイもあります。デュアルIS内蔵5軸防振システム、USB-C 3.1ポート、HDMIインターフェース、マイクおよびヘッドフォンコネクタも利用可能です。


新しいアイテムの販売では2499ドルで4月4日に行きますLumix S1とLumix S1Rはそれぞれ3,699ドル。 Lマウントマウントシステムと光学式手ぶれ補正機能を内蔵した3つの交換レンズを追加料金で購入できます。 2299ドルで提供されています。カメラと交換可能なレンズ24〜105mmで完成すると、それぞれ$ 3397.99または$ 4597.99かかります。


出典:theverge.com、panasonic.com

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。