宇宙

NASAは月面上の水の出現の理論の1つに反論しています

大気の欠如と弱い重力のために、月に大量の水を蓄積することはできません。それにもかかわらず、少量でまだそこにあります - 再びそれはインドの衛星Chandrayaan-1がついにその表面に氷の存在を確認した2018年に証明されました。最近、LRO宇宙船は月の表面を横切る水分子の動きをたどることで歴史上初めて成功しました、そして観測の結果はこの湿気が太陽風の影響の下で形成されたという理論を反証しました。

以前、科学者たちは約2つの理論を持っていました月面の水の出現最初のものは、それが小惑星と彗星を使って「運ばれた」と述べました。 2番目のものはさらに説得力があるように思われました - それはそれが仮定されました、それは水素と酸素の含有量で太陽風の影響の下で、絶えず形成されます。

水分子をたどるために、NASA地球の衛星からの反射をより正確に認識するようにLROを調整しました。月の表面は以前考えられていたほど水分ではないことがわかった。研究者達はまた、一日のうちで最も暖かい時間に、水分子が宇宙に飛散するか、衛星の暗い隅に移動することを発見しました。

科学者たちはすぐに第二の理論がそう、月が私たちの惑星の影の下にあり、太陽の風がないとき、水分子の数は劇的に減少するはずです。驚くべきことに、LRO装置の一部であるLAMPツールは、水分子の数の変化を記録しませんでした。したがって、最も驚くべき理論の1つは大きな疑問を抱いています。

変化がないということは、液体は月から蒸発し、以前に考えられていたほど頻繁には発生しません。それは衛星の地上に蓄積しているかもしれません、そしてこの情報は、人類が火星や他の遠い惑星に到達するのを助ける月の観測所を作るのに非常に役に立ちます。

科学技術のニュースに興味があるなら、Yandexのチャンネルを購読してください。そこにあなたはサイトに当たらない材料を見つけるでしょう!

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。