ガジェット

宇宙へのミサイルは、Leo Aerospaceバルーンから発射されます(5枚の写真+ビデオ)


宇宙ロケット打ち上げシステムの開発が進行中です開発者は、衛星を軌道に乗せるコストを最小限に抑えようとしていますが、同時にいくつかの方向に向かっています。有望な分野の1つは、ロケットで大気の密な層を克服する必要がないため、燃料消費を削減する空中発射です。アメリカのスタートアップLeo Aerospaceは、技術を使用して成層圏からロケットを発射することを提案しました。

空気を使用するというアイデアはバルーンは、前世紀の60年代にアメリカ空軍によってすでにテストされています。しかし、その技術はその非効率性を示しました。現在、この方法は、キューブサットクラスの小型衛星の宇宙への打ち上げに有望になる可能性があります。


Leo Aerospace開発者はそれを説明します気球で打ち上げることの主な利点は、燃料経済性と、打ち上げロケットを打ち上げるための複雑な地上ベースのインフラストラクチャを作成する必要がないことです。その結果、空から発射されたミサイルは比較的小さな寸法になり、標準的なコンテナに浸されて最適な発射場所に配送されます。


最新のランチャーは地上ベースのインフラストラクチャ。打ち上げ時間に制限を課します。これは、気象条件を含む多くの要因の影響を受ける可能性があります。レオ・エアロスペースが提供する技術には、これらすべての問題がなく、比較的小さいロケットキャリアのペイロードが大幅に増加します。

前世紀にテストされたシステムバルーンを介してロケットを発射するために提供され、その再利用は除外されました。新しい打ち上げスキームは、特に耐久性のある強化リップストップ生地で作られた再利用可能なボールを提供します。また、ヘリウムの代わりに、単純に加熱された空気が使用されます。その結果、オブジェクトは18 kmの高さで表示できます。バルーンコントロールは、スタンドアロンモードで動作する電子ユニットと、いくつかの操縦可能なエンジンに割り当てられます。


ロケットが設定された高さに達した後開始信号を受信し、特定のプラットフォームから特定の角度で離陸します。 Leo Aerospaceロケットキャリアは、最大550 kmの高度まで25 kgの衛星または高さ330 kmの軌道に50 kgの衛星を送り込むことができます。打ち上げ後の打ち上げバルーン自体は地球に戻ります。バルーンの高さは91.5メートル、幅は48.75メートルです。
低軌道への打ち上げを伴う小型プロトタイプの試験打ち上げは早ければ来年に実施され、軌道への衛星の最初の商業打ち上げは2022年にすでに実施することができます。


プラットフォームの使用も予見されます。Leo Aerospaceは、無人航空機を打ち上げ、さまざまな科学機器を上昇させました。プラットフォームの積載量は3.5から23トンで、オブジェクトを配送する必要がある高さに依存します。

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。