全般

地球温暖化は2050年までに人類を破壊する可能性があります

独立系オーストラリアのシンクタンク飛躍的進歩 - 2014年以来の地球規模の気候変動の問題に対処し、主要な科学者、政治家、そして公人を含む国立気候回復センターは、恐怖のレポートを発表しました。報告書の著者によると、私たちは、文明として、自滅の危機に瀕しています。2050年はそのためのノーリターンのポイントです。この組織は、地球上の気候変動と闘うための一般的な動員を、すべての人類の将来に対するそのような恐ろしい見通しを避けるための唯一の方法を求めています。

本当にそんなに悪いの?

レポートの主要著者は元大臣でした。オーストラリアの防衛は、活発な保護主義者である提督クリスバリーを引退しました。彼によれば、今世紀中頃までに、人類は過去1000年間規模でこのようなものを経験していないので、気候変動は「極めて深刻な安全保障上の影響」を持つ可能性がある。

評価によると、既存の傾向の継続地球温暖化は平均気温を摂氏3度上昇させ、その後その変化は不可逆的になるでしょう。これは「サンゴ礁システム、アマゾンの熱帯雨林と北極圏を含む」主要な生態系の崩壊を加速するだろう、と報告は述べている。

結果は壊滅的なものになります。 10億人以上の人々が不利な生活環境からの移動を余儀なくされ、地球上の20億人が水不足に直面するでしょう。まだ実り豊かな亜熱帯地域での農業は不可能になり、世界中の食料供給量は世界中で深刻に減少するでしょう。

地球温暖化は何につながるのでしょうか?

レポートの著者によると、ノーリターンのポイント実際に合格し、今日、我々は急速に通常の生物圏の破壊に向かって動いています。

「地球の気温が2℃上昇しても摂氏では10億人以上の人々を移転する必要があるかもしれず、それほど好ましくないシナリオでは、被害の程度は私たちの予測能力を超えています。おそらく私たちは文明の完全な終わりについて話すでしょう」と報告は言います。

地球温暖化にどう対処するか

大災害を弱める唯一の方法は地球温暖化との闘いを目的とした、地球規模のコミュニティ全体の地球規模の動員になる。著者らは、第二次世界大戦中に何が起こったのかの類推として引用している。この場合にのみ、それは地球の大気への温室効果ガス排出の増加と地球の気候の回復との戦いについてです。

以前、ケンブリッジ大学の科学者たちは地球温暖化と闘うための根本的な方法を提案しました。

あなたは私たちの電信チャットでニュースについて議論することができます。

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。