ガジェット

Facebookが考えを「読む」ようになるだろう


「力を使った環境経営のアイディア「思考」は、世界最大のソーシャルネットワークであるFacebook Reality Labsの研究所で真の形を取ります。実験中、被験者は脳の活動を利用してスクリーンにテキストを印刷することができました。

実験にはてんかんのある3人が参加し、その中に脳の電極が埋め込まれました。将来的には、人間の脳への直接の浸透を必要としない装置を開発することが計画されている。

実験の間、被験者は簡単に尋ねられました質問といくつかの答え、そして装置は脳活動を記録した。将来の脳活動の固定のデータを使用して、装置は脳活動のみによって答えを決定することができる。 61%から76%のシステム精度

次のステップは、非侵襲的な開発です。単に人の頭部に装着される装置。ユーザーが自分の頭の中で言葉を想像するだけで十分であろう、そしてシステムは脳の活動によってそれらを決定するだろう。

現在実験装置非常に大規模かつ効果的ではなく、そして使い方は簡単ではありません。しかし、Facebook Reality Labsの科学者らは、この方法には大きな可能性があると考えています。この装置は、脳卒中を経験し、話す能力を失った人々とコミュニケーションをとるために医学で使用することができます。

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。