全般

ヨーロッパはSpaceX Falcon 9のような再使用可能なロケットを開発します

先週、フランスの会社ArianeGroupはフランスの宇宙機関CNESと共同で、ArianeWorksプログラムの下で再利用可能な打ち上げロケットの基礎を形成する新しい打ち上げプラットフォームの開発の開始を発表しました。発表とあわせて、Ariane Groupは、同社のWebサイトに打ち上げシステムのビデオプレゼンテーションを公開しました。 Portal Ars Technicaは、新しいロケットは米国のSpaceXのFalcon 9ロケットと非常に疑わしく似ていると指摘している。

公開されたビデオで、会社は示しましたThemisという名前の起動デモ。このプロジェクトの目的は、垂直離着陸の可能性を備えたマルチエンジン単段ロケットを開発することです。資料によると、ロケットは燃料として液体酸素とメタンの混合物を使用する再利用可能なプロメテウスエンジンに基づいて動作するでしょう。そのようなエンジンの製造コストはたった100万ドルであることが注目される。

アルステクニカはどのように驚いた「ロケット生産の革命的な技術を実証する」ように設計されているThemis発射プラットフォームは、SpaceXからのFalcon 9ロケットと非常によく似ています。それぞれ100トンの荷重を持つロケットエンジン(それは3つを使うことが計画されている)でさえアメリカのロケットで使われたMerlin 1Dエンジンと性能が似ていることがわかった。それらの間の唯一の違い、新聞は、Merlin 1Dが燃料としてメタンの代わりに灯油を使うということです。

プロモーションビデオは、最初にロケット弾きをする方法を示しています4つの着陸脚を使用して離陸し、発射場の横に着陸します。プロモーションビデオはアリアングループの公式ウェブサイトで見ることができます。

あるニュースソースはそのヨーロッパ人に注意しますロケットメーカーは、SpaceXからアイデアを「借りる」のは初めてではありません。昨年の発表の間、ジャーナリストはフランスの宇宙機関の宇宙打ち上げ計画の責任者であるJean Marc-Astorgにこれについてコメントするよう頼むことを恥ずかしく思いませんでした。それから、彼らは、新しい技術を開発するために使用されるCallistoの「フライングスタンド」の開発を始めるためのArianeとCNESの計画について話しました。ジャーナリストへの考えは別のプロジェクトを思い出させた。 SpaceXは、2012 - 2013年にGrasshopperの飛行モデルを使用して垂直着陸技術を実証しました。

ジャーナリスト、Jean-Marc-Astorgに直接質問する彼は、カリストは確かにグラスホッパーのコピーであり、中国のミサイル開発者も同様のプロトタイプを構築していると言っていた。

カリストとテミスのデモ隊の開発資金の調達は、もちろん、ヨーロッパ政府の支援のおかげで行われています。

現在、アリアングループは完成しています最初の打ち上げが2020年に予定されている新しい打ち上げロケットAriane 6の開発。この打ち上げロケットにはいくつかの選択肢がありますが、開発プロジェクトの40億ユーロ相当の担当者は、打ち上げロケットは、同様のコストを提供することで、SpaceXとの打ち上げでSpaceXと競争できると述べています。

あなたは私たちの電信チャットでニュースについて議論することができます。

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。