テクノロジー

ESAは月面植民地宇宙服のための新しい材料を開発する

欧州宇宙機関のスペシャリストは植民地時代の月のプロジェクトの間に宇宙飛行士によって使用される宇宙服のための新しい生地を開発したいです。開発は民間の繊維会社と一緒に開催されます。それに基づくスーツは月面の埃をはじき、放射線と過熱から人々を保護する能力を持たなければならないでしょう、とポータルSpace.comは報告しています。

代理店は2年契約を結んだフランスのComex社とそのパートナーであるドイツの繊維技術技術研究所、そしてオーストラリアの組織Space Forum。

「新しい月のミッションは、確立することを目的としています月面上の人の絶え間ない存在、そしてそれ故にそれらが月への以前の飛行の間よりももっと頻繁にそしてより長く使用されることができるように新しいスーツは作られなければならない。 ESAによると、これらの探検のプラットフォームは月ゲートウェイ局です。

この作業は、月の生活に関連するすべての潜在的な問題から人々を守ることができる新しい世代の材料を生み出すことを目的とした、Pextexプロジェクトの枠組みの中で実行されます。

代理店はそれをどんな実施計画でも加える月の上に基地を作ることは十分に軽い宇宙服の使用を必要とし、宇宙飛行士に何時間もの移動の自由を与えることができ、そしてまた十分に保護されるでしょう。

今後2年間でESAのパートナーは、マイナス170℃からプラス120℃までの典型的な月の気温に耐え、2500時間の運用で気密性を保つことができる材料を作成する必要があります。さらに、彼は年間110から380ミリシーベルトの大量の放射線から宇宙飛行士を保護しなければならず、また少なくとも衛星表面での宇宙飛行士の8時間の作業の間、月の埃をはじき、静電気を蓄積しないでください。それはまた無毒性、不燃性、防水性であると同時に非常に柔軟でなければならない。

過去には世界の宇宙機関の多くは月面に「恒久的な」集落を建設する可能性についてもっとよく話します。その理由の1つは、地球の衛星の極にあるいくつかの暗いクレーターと他のいくつかの点でかなりの水の貯留が発見されたことです。

あなたは私たちの電信チャットでニュースについて議論することができます。

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。