ガジェット

スマートフォンやクラウドストレージをハッキングするためのソフトウェアを作成(3枚)


イスラエルのサイバーセキュリティ会社NSOグループは、アップル、グーグル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフトのサーバーからデータを取得できるスパイウェアを開発しました。 NSOグループのPegasus独自のスマートフォン向けマルウェアは、デバイスに保存されているデータだけでなく、ユーザーの場所データ、アーカイブされたメッセージ、写真など、クラウドに保存されている情報も収集します。


以前にマルウェアをインストールしたNSOグループWhatsAppのソフトウェアは、クラウドでデータを収集できるソフトウェアを販売していることを否定しています。同社によれば、Pegasusソフトウェアは、暗号化を使用して犯罪を計画および隠蔽する犯罪およびテロリストに抵抗するように設計されています。


Pegasusの動作原理はコピーに基づいていますデバイスへのソフトウェアインストール後のGoogleドライブ、Facebookメッセンジャー、iCloud用の認証キー。その後、デバイスクローンがリモートサーバーを介して作成され、これによってユーザーの場所もコピーされます。マニュアルNSOは、ソフトウェアの販売は証明された政府機関によってのみ行われ、犯罪やテロと闘うように設計されていると宣言しています。

ソース:ft.com

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。