ガジェット

過去に戻る:オーディオカセットが日本で再び発売されます(3枚の写真)


21世紀の初めまで、コンパクトテープはその1つでした。主なデータキャリア彼らは1963年に最初に登場しましたが、それから彼らはCDによって、そして少し後にUSBフラッシュドライブによって市場から押し出されました。しかし、日本からの製造業者、長岡トレーディングは、この傾向に同意しません。ブランドは新しいカセットのためにいくつかの選択肢を提示しました。


長岡トレーディングの品揃えはカルテットで補充されています最大録音時間が異なるモデル:それぞれ10分、20分、60分、および90分の音声を含むCT10、CT20、CT60、およびCT90。すべてのカセットは両面記録用に設計されています。それぞれの側には、指定された時間のちょうど半分が含まれています。メーカーが保証するように、彼らの製品はインタビューやラジオ番組の記録、CDやカラオケの書き換えに理想的です。


もちろん、オーディオカセットの音質音楽愛好家の目の前で2番目の若さを受けたビニールレコードよりわずかに悪い。それでも、これらのテープは、かつてのコンパクトプレーヤーに懐かしいリスナーにも人気があることが証明されました。小規模な新興企業でさえも、古いレコードへの関心を呼び戻そうとしており、携帯用プレーヤーの興味深いモデルをリリースしています。彼らの最も明るい代表は、Bluetooth 5.0を搭載したIT’S OKプレーヤーと小型のElbowです。

長岡トレーディングからの新製品の価格はフィルムの長さに応じて88から152ルーブルまで様々です。

出典:gdm.or.jp

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。