テクノロジー

新しい浄水方法:沸騰しているがはるかに良い

ほとんどの場合、水なしで水を飲む前濾過および処理は不可能です - それは健康に危険な微生物を含むかもしれません。それらを取り除くために多くの方法があります:紫外線の下での消毒から沸騰、塩素消毒まで。しかし、ニューサウスウェールズ大学の研究者は他より単純で、より安く、そして単にもっと興味深い別の選択肢を提示しました。彼らは、それに二酸化炭素を含む熱い泡を単に通過させることによって水を消毒することができると信じています。

研究者は二酸化炭素を加熱することを提案します水に放出された熱い泡がそれらの「赤熱した」壁でウイルスを破壊することができるように、特定の温度まで。実験が示したように、普通の空気を使用してそのような気泡を生成することができるが、純粋な二酸化炭素はより高い効率を示した。

実験中、研究者たちは水をきれいにした。大腸菌とバクテリオファージMS2を加えた。科学者たちは、さまざまなタンクを使って、ガスと空気を7〜205℃の温度に加熱しました。科学者が推測したように、気泡がバクテリアを殺す能力は温度に比例して増加しました。純粋な二酸化炭素を使用して、最高の結果が205度の温度で達成されました。

泡の伝達がそうではないことは注目に値する。水自体の温度に強く影響します - それはおよそ55度のままです。この方法の主な利点は、それがガスを加熱するのに水それ自体より少ないエネルギーを要するので、その低コストにある。 UV処理と比べるととても簡単です。

新しい洗浄方法のための小規模な試験装置が養豚場で試験され、そして良い結果を示した。

あなたは新しい水殺菌方法が現在の方法に代わる良い方法になると思いますか?あなたの答えをコメント、または私たちの電信チャットに書いてください。

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。