ニュース

Vivo S6-5Gの中間層

Exynos 980-サムスン初の統合チップセット5Gモデム、3台目のスマートフォンに登場。そして、これは再びVivoのデバイスです-Vivo S6モデルで表されます。モデルはトップエンドではありませんが、十分に真剣です、たくさんあります。価格も印象的です-販売開始時の若いバージョンの¥2698(₽29600、$ 380)から。

Exynos 980 Vivo S6が作業をサポートしてくれてありがとう5Gネットワ​​ーク上。チップセットのパワーは非常に高く(AnTuTuオウムが約30万個)、RAMは安定しています-8 GB。内蔵フラッシュメモリの容量は128GBまたは256GBです。拡張が可能です。

6.44″ AMOLEDスクリーン、解像度1080×2400ピクセル。指紋スキャナーは画面に組み込まれています。

バッテリーはしっかりしています-4500 mAh、18ワットの高速充電をサポートします。

メインのフォトブロックには48 MPカメラが含まれ、8メガピクセルの広角2 MP深度センサーと控えめな2 MPマクロ。セットは悪くない、それは中産階級のスマートフォンで定期的に見られます。前面カメラは32メガピクセルで、Vivoでは常に自分撮りの問題に細心の注意を払っています。もちろん、改善された自画像が提供されます。

要するに、おそらく、5Gに加えて、特別なことは何もありません。中産階級は今とても謙虚です。

品種と価格:

8 GB + 128 GB-¥2698(₽29600、$ 380)
8 GB + 256 GB-¥2998(₽32900、$ 423)

Vivo S6の主な機能:

ScreenAMOLED、6.44インチ、1080×2400、409 ppi、16M色、タッチ、静電容量、マルチタッチ
IronExynos 980
2.2 GHz、2 x Cortex-A77、6 x Cortex-A55、Mali-G76 MP5
メモリ:RAM 8 GB、ROM 128〜256 GB、Micro-SD、LPDDR4X、UFS 2.1
モバイルインターネット5G
LTE
HSDPA、HSUPA、TD-SCDMA

モバイルネットワーク5Gバンド1,3,41,77,78
LTEバンド1.3-5.8.34.38-41
UMTS 850、900、1700、2100
GSM 900、1800
CDMA 800
TD-SCDMA
バッテリーLi-Ion、4,500 mAh、18W急速充電
寸法161.16 x 74.66 x 8.68 mm
重量181 g
背面カメラ:クワッド、フラッシュ、オートフォーカス

-48 MP、f / 1.79

-8 MP、広角、f / 2.2

-2 MP、マクロ、f / 2.4

-2 MP、深度センサー、f / 2.4
フロントカメラ:32 MP、f / 2.08、フラッシュなし、オートフォーカスなし
ナビゲーションGPS、GLONASS、北斗、ガリレオ
OS Android 10、Funtouch OS 10
センサー加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパス、近似、照明、指紋スキャナー(スクリーン)
USBType-C v2.0、USB-OTG

Tatyana Kobelskaya

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。