ガジェット

NECの空飛ぶ車のプロトタイプがテストされています(2枚の写真+ビデオ)


NECが日本でプロトタイプを発表商品だけでなく人も運ぶように設計された4本のネジを備えた無人航空機。地上と空の両方の無人車両は、有望な車両としてますます彼ら自身を表明しており、潜在的なバイヤーに大きな関心を持っています。

提供されるショーの情報サポートしたがって、Japan Timesは、以前のアナログと比較したデバイスの技術的特性と操作上の利点の両方を利害関係者が利用できるようになりました。


デバイスは、三輪の無人電動クアドロコプターの形をしています。寸法は3.9 x 3.7 x 1.3 m、UAVの重量は150 kgです。
デバイスの最初のテストは強化されたセキュリティ対策を順守しているため、デモンストレーションの際に彼は巨大な金属製のケージにいました。テスト中、UAVは3 mの高さまで上昇し、1分間空中に吊るされ、その後正常に座りました。

NECは今後数年間で適応することを目指していますさまざまなデータを収集し、それに埋め込まれた技術を磨くためのプロトタイプ。開発者は、デバイスの操作アルゴリズムに、文字通りフライトモードとライドモードを切り替える機能を追加する予定です。
NECのスポークスマンである岡田浩二氏は、日本などの人口密度の高い国では、空飛ぶ車が交通を大幅に促進できると考えています。


最初の空飛ぶ車は2026年、NECプロジェクトパートナーであるスタートアップCartivatorの連続生産と、NEC自身が飛行ドローン用のナビゲーションおよび通信ソリューションの開発と生産に方向転換しました。

デバイスに割り当てられた主な機能は、商品の配送用の「空飛ぶワゴン」です。しかし、将来的には、その使用は旅客輸送用の飛行ロボットとしても考慮されます。