リサーチ

「クリオシティ」という装置は火星の粘土表面を調べて水のしるしを見つけました

2019年4月、Curiosityマシンは無事成功しました彼は火星の表面に2つの穴をあけました。1つは「Aberlady」と呼ばれる小さな岩の上に、もう1つはキルマリー地域にありました。これらのゾーンは、打ち上げ前からミッションリーダーに興味を持っていました。なぜなら、彼らは水の存在下で形成される大量の粘土を持っているからです。この装置はついに火星の粘土表面の組成を研究し、かつて地球上に海が存在していたという兆候を発見しました。

NASAは粘土の存在について学びましたCuriosityミッションの開始の数年前に - 発見は火星偵察オービター(MRO)惑星間局のおかげでなされました。この機能の発見は、着陸地点を選択する際の主な要因でした。これらの領域に到達したので、装置はそれらの中に穴を開けました - 研究者の驚きまで、ローバーは大きな努力をする必要はありませんでした。

火星の水は本当にすることができます

他の場所で粘土のサンプルが見つかりました。赤い惑星、しかしこれら二つの分野でそれは異なった構成を持っています。特に、我々は粘土鉱物の最大量について話しています - 地球上の他の場所の表面はそれらの豊富さを自慢することができませんでした。また、装置は、新しい試料中には酸化鉄鉱物、ヘマタイトが非常に少ないが、他の粘土堆積物中にはそれがかなり多くあることを見出した。おそらく、粘土の組成が異なるため、装置は正確に穴を開けるのが容易でした。

研究者たちは新しい発見を発表しました湖がかつてCuriosity研究の場所にあったという仮説を確認します。科学者の最初の疑いは、ローバーが乾燥した小川の流れを見つけた2012年に起こりました。

科学技術分野の発展に常に遅れないようにしたい場合は、必ずTelegramチャンネルに登録してください。そこには、最新ニュースの発表やその他の興味深いコンテンツがあります。

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。