ガジェット

シンガポールは、空気から真水を抽出する方法を開発しました


近くの淡水の不足の問題将来は世界の住民の半数以上に影響を与えるでしょう。世界中の多くの国が、水の保全、抽出、リサイクルのための国家プログラムをすでに開発し始めています。シンガポールがこの方向で目覚ましい成功を収めたことは驚くべきことではありません-淡水の大きな自然源がなく、淡水化、貯水池への堆積物の蓄積、海外からの受け取りによって下水システムから水を抽出する島国(プログラム4全国タップ)。

シンガポールの科学者もすべてを開発するために努力しています真水を得るための新しい非常に効率的な方法。シンガポール国立大学(NUS)の研究チームの最新の開発により、エネルギーを消費することなく、文字通り空気から水を取り出し、スポンジエアロゲルで抽出することができます。


ユニークなエアロゲル素材金属フレーム上の長く細長いポリマー分子。材料の複雑な化学構造は、水の誘引と反発を絶えず切り替えます。外部エネルギー入力のない「スマートエアロゲル」は、水分子を収集し、それらを液体に凝縮して押し出します。このメカニズムは、水を吸い込んでから搾り出すことなく水を放出するスポンジのように機能します。開発者は、太陽光線にさらされると、エアロゲルが「水の完全な憎悪」の状態になり、空気から蒸気状態の水の約95%を抽出できることに注意します。

テストテストは、材料がそうではないことを示しました数ヶ月の継続的な水生産で消耗しました。実験材料は、外部からエネルギーを受け取らずに1400時間以上機能し、エアロゲル1キログラムあたり1日あたり17リットルの容量の湿度の高い環境から水を抽出しました。得られた水がWHOの飲料水基準をすべて満たしていることは注目に値します。
科学者は現在、財政を探していますパートナーは、エアロゲルを家庭用または産業用、スポーツおよび極端なサバイバルキットに適合させます。

出典:nus