全般

科学者は、アルツハイマー病が発生する脳の領域を発見しました

残念ながら、かなりまともですが現代医学の発展レベルでは、医師が対処できない病気がまだあります。これらの状態の1つはアルツハイマー病です-緩やかな記憶障害を特徴とする重病です。この病気の治療は、原則としてかなり遅い段階で検出されるという事実によって複雑になります。しかし最近、アメリカの医師グループが、この病気が発生する脳の領域を発見しました。そして、これは診断を大いに促進します。

アルツハイマー病の治療における次のステップ

アルツハイマー病とは

ご存知のように、アルツハイマー病は病気です脳内のベータアミロイドタンパク質の蓄積を特徴とします。彼は、あなたが神経生理学的詳細に深く入り込まない場合、最初にニューロンに損傷をもたらし、次にニューロンを死に至らしめます。これは多くの症状を引き起こします。原則として、最初の段階では、たとえば最近発生した何かを思い出すことができないなど、短期記憶の侵害があります。病気の発症に伴い、長期記憶が失われ、その後、言語および精神機能の侵害があり、人は周囲の空間をナビゲートする能力を失い、その後、すべての身体システムが劣化し始め、最終的に身体機能が徐々に失われて死に至ります。

さらに、最初の段階での病気の検出このプロセスの誕生は、アルツハイマー病の治療における真の突破口となるでしょう。なぜなら、疾患が早期に確定されるほど、このプロセスの治療の予後は良好になるからです。そして、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者グループが、この病気の原因を突き止めることができたようです。このような発見については、当社のウェブサイトのページに頻繁に書いているため、何も見逃さないように電報チャンネルに登録することをお勧めします。

正常な脳と病気に冒された脳の比較

実験用マウスの一連の実験で乳様体でアミロイド斑の蓄積が始まることが判明しました。乳様突起体は、脳の脳下垂体のすぐ後ろの視床下部の基部にある2つの小さな丸い形成物です。

調査結果は、脳の変化を示唆しています著者は、アルツハイマー病の発症者も同様の方法で発生すると述べています。病理学的プロセスの起源の領域を理解することにより、病気の治療と同定の両方のための新しい治療法を開発することができます。

さらに、単純な仮定では、科学者は停止し、仮説をテストしました。アミロイド斑の密度は、病気がより長く続く脳の領域でより高いことが長い間知られています。そして、それに応じて、プラークは最近中枢神経系の影響を受けた部分ではるかに小さくなります。この仮定と実験室のマウスでは乳様体でアミロイドの蓄積が始まったという事実に基づいて、科学者は人間の脳の組織を分析しました。この分野では、病的なタンパク質の量が本当に非常に多いことが判明しました。

参照:医師は、脳が決定を記憶し、経験を蓄積する方法を理解しています

現在、研究者は方法の開発を望んでいますアルツハイマー病の初期段階での診断と検出。大まかに言って、「どこを見るべきかを知っている」からです。 「標的を絞った診断」と並行して、ヒトの疾患の起源の部位に関する仮説がテストされます。そして、データを確認することが可能になります。

</ p>