ガジェット

SamsungとMasterCardが指紋認証付きの生体認証支払いカードを作成


グローバル決済プラットフォームMasterCardとサムスン物産は、指紋スキャナーを備えた生体認証カードの共同開発に関する覚書に署名しました。これにより、販売時点での取引中に所有者を一意に識別できます。

初めて、所有者識別技術指紋クレジットカードは2017年にMasterCardによって導入され、南アフリカの小売チェーンで実際にテストされました。現在、MasterCardは韓国最大のクレジットカードメーカーであるSamsungCardと提携しています。新しいペイメントカードは、最新のSamsung System LSI Businessチップを使用します。これにより、トランザクション処理速度が向上し、完全なペイメントセキュリティが提供されます。

現在、共同の開始を発表しましたプロジェクトの技術的な詳細や特定の条件なしで、MasterCardとSamsungの作品。両社の共同プレスリリースによると、最初の段階で生体認証が記載されたペイメントカードは韓国市場向けにのみ発行され、2021年末までに登場する予定です。

生体認証カードの主なタスクはトランザクションのセキュリティを向上させます。ユーザーは、一意の指紋を使用してより信頼性の高い方法で識別できるようになり、PINを入力する必要がなくなります。その結果、支払いはほとんど非接触型になります。これは、コロナウイルスのパンデミック時に特に重要です。

生体認証カードが世界市場に参入する計画は報告されていません。

出典:businesswire

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。