ガジェット

太陽に近づくソーラーオービターによって保護され、砕いた骨粉によって提供されます


欧州宇宙機関(ESA)太陽を研究するための宇宙船の開発は、深刻な技術的問題に直面しました。それは、機器と航空機の表面を高温と放射線から保護する必要性です。ミッションはESAとNASAが共同で実施し、宇宙船を太陽の軌道に打ち上げ、徐々に天体に接近することで構成されています。

デバイスの発売は2020年2月に行われました。そして今、ソーラーオービターは太陽から比較的短い距離で最初のフライバイを完了しました。技術的要件によると、ソーラーオービターの表面は鉛の融点(摂氏327度)と地球軌道の13倍の放射線被曝に耐える必要があります。 6か月ごとに、ソーラーオービターの軌道は太陽にどんどん近づき、これらのピーク時には、デバイスは極端な温度と放射の影響にさらされます。

ESAの当初の計画は金属に基づく保護の作成ですが、後にアイルランドのバイオテクノロジー企業ENBIOからアイデアが生まれ、整形外科および歯科インプラントに骨粉をベースにした合成コーティングを適用して、患者の体による生存を促進する方法の作成にすでに取り組んでいます。その結果、製品の重量が軽減され、過熱や層間剥離の問題が克服されます。 ENBIOのエンジニアは、この技術がソーラーオービターのチタン表面に有効であると示唆しました。

しかし、開発者は別の問題に直面しました温度にさらされたときの骨粉コーティングの変色に関連する問題。粉末が暗くなると、その船の防御特性はより安定して効果的になりました。ライトコーティングの色を変える方法を見つけることは残っていました。


直接粉末塗装は機能せず、著者はENBIOのアイデアは、洞窟壁画の塗装に使用される「クレヨン」を作成するために焦げた骨がすでに人間によって使用されていた石器時代の技術を利用していました。

焼けた骨を使う粉末により、科学者はソーラーブラックと呼ばれるソーラーオービターの理想的なコーティングを作成し、デバイスの最も敏感な要素の約20%を覆うことができました。同時に、焦げた骨の材料が過剰な熱エネルギーを効果的に吸収するため、デバイスの部品は摂氏537度(Faringateによると100度)の温度から保護されます。次の段階で、研究者たちは太陽光を吸収するのではなく反射することができるソーラーホワイトコーティングを作成することを計画しています。

出典:cnn