ガジェット

10コアIntel Core i9-10900F(Comet Lake-S)の消費電力は224ワットに達します(3写真)


最新のプロセッサーのエネルギー消費は常に開発者が宣言したパラメーターに対応します。したがって、ロックされた乗数で10コアのCore i9-10900Fプロセッサをテストすると、愛好家は非常に予期しない結果を受け取りました。テストされたプロセッサは、Comet Lake-Sラインで2番目に高速で、定格TDPは95ワットです。

テスト中、10コア(20スレッド)ベース周波数が2.8 GHzですべてのコアをロードするCore i9-10900Fプロセッサーは、170ワットのエネルギー消費を示しました。周波数が4.5 GHzのブーストモードで作業しているとき、消費電力は224ワットに達しました。以前、主力のCore i9-10900Kプロセッサー(10コア、20スレッド)の消費電力が最大300ワットであるというメッセージがネットワークに表示されました。その結果、Core i9-10900Fプロセッサの消費電力は、Nvidia RTX 2080クラスのグラフィックスカードの消費電力に匹敵し、それを超えています。

テスト時には、システムが使用されました5つのヒートパイプを備えた空気冷却器と120 mmのラジエーターを備えた水冷システムで構成される冷却システム。テスト中のCore i9-10900Fプロセッサの温度は、摂氏80度から90度の範囲でした。


したがって、通常の操作では、Core i9-10900Fプロセッサーから宣言されたパフォーマンスを得るには、デスクトップシステムに、ラジエーター長が少なくとも240 mmの効果的な水冷システムを装備する必要があります。

私が参加した過去の試験Core i9-10900Kプロセッサは、複雑な計算に必要な高いパフォーマンスが、すべてのコアの全負荷でのみ達成されることを示しました。したがって、そのようなプロセッサーを購入するときは、効果的な冷却システムを作成する必要性を考慮に入れる必要があり、追加のコストがかかります。


Intel Core 10回目の公式リリースLGA1200コネクタを搭載したマザーボードを使用した第4世代(Comet Lake-S)が4月30日頃に開催されます。そして、プロセッサは5月27日-別の月に市場に参入します。その後、彼らは確かに彼らがシステムのエネルギー効率についての客観的な意見を形成することを可能にするより修飾された詳細なテストを受けます。

ソース:PCGamer

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。