宇宙

#今日の写真InSight着陸モジュールを通しての火星の日の出と日の入り

火星着陸モジュール先週、NASAのInSight航空宇宙機関は火星の夜明けと夕暮れの写真を撮り、火星の日の始まりと終わりを撮影するというすでに確立された伝統を続けています。かつて同じような写真がスピリット、オポチュニティ、そしてキュリオシティローバーによっても作られました。

「これはすでに火星へのあらゆる任務の伝統です - 赤い惑星で日の出と夕日の写真を撮ります。ジェット推進研究所(JPL)NASAのInSightプロジェクトの参加者の一人、ジャスティン・マキ氏は、次のように述べています。パサデナ(カリフォルニア、アメリカ)で。


火星の日の出のこの写真は撮られました2019年4月24日に145機の火星の日(Sol)の任務で着陸モジュールのロボットアームに設置されたInstrument Deployment Cameraを使用する


上の色補正画像は、火星の日の出が人間の目にどのように見えるかを示しています。

NASAの公式代表によって述べられたように、4月24日と25日に作られた装置InSightの火星の日の出と日の出の写真。日の出は現地時間の午前5時30分ごろに撮影された。約13時間後、モジュールのロボットアームに取り付けられたカメラが火星の夕日の写真を受け取りました。赤い惑星の空を一周する美しい灰色の雲もフレームに当たることは注目に値します。

ミッションチームはRAW画像と色補正画像の両方を公開しました。

写真に他のものを書き留めないことは不可能です。興味深い詳細は、私たちの太陽が火星の表面からどのくらい小さく見えるかです。これは、赤い惑星が地球よりも星からより遠くに位置しているという事実によって説明されているので、火星の空では私たちの星のサイズは私たちの惑星の表面から見ることができるサイズの2/3だけです。

インサイトミッション(内部探査地震調査、測地学と熱輸送、文字通り「地震と測地法と熱伝達を使った内部調査」は昨年11月に火星の赤道近くに上陸した。その主な仕事は、Red Planetの土の構造的特徴を研究することです。


この火星の夕焼けのスナップショットは、2019年4月25日の午後6時30分、現地の火星時間のInSight着陸モジュールのカメラによって撮られました。

着陸モジュールはSEIS地震計を備えています掘削衝撃システムを備えたプローブHP3熱流束は、「ほくろ」と呼ばれました。これらのツールを使用して、装置は火星の土の中の熱流束を詳細に研究することと同様に惑星の地震活動を決定することができます。

掘削機はまだ達することができませんでしたそれに割り当てられた仕事は、火星の表面から3〜5メートル深く、わずか約30センチの深さで止まっていました。ミッションチームはまだホウ砂がさらに進むのを妨げているものを見つけようとしています。最新のデータによると、約20センチメートルの厚さで砂粒子で構成された硬い層の固い層がモジュールの着陸地点にあります。同時に、先週、ミッションチームはデバイスが最初のmarstosyenieを記録したことを発表しました。

その最初の宇宙船を思い出してください自動火星ステーション「Viking-1」を搭載したNASAの降下車は、火星の表面で夕日を撮影したものとなりました。写真は1976年8月20日に撮影されました。最初のモジュール、バイキング-2の「双子の兄弟」は1978年6月14日に火星の日の出を見ることができました。

あなたは私たちの電信チャットでニュースについて議論することができます。