ガジェット

パナソニックは2フルフレームミラーレスLumix Sシリーズ(4写真+ビデオ)をリリース


フォトキナ展のパナソニックカンパニー2018年にはフルフレームミラーレスカメラ - Lumix S1とS1R - が発表されました。これは、高い撮影速度、2倍の手ぶれ補正、および最大60フレーム/秒での4Kフォーマットでのビデオ録画を可能にします。 Top Lumix Sシリーズはプロのカメラマンを対象としており、日本からの他のフルフレームニュース - NikonのZ7およびCanonのEOS Rと同時にリリースされる予定です。

&times

Lumix S1およびS1Rカメラは、写真だけでなくビデオも。 4K解像度および60p / 50pフォーマットでのビデオキャプチャはサポートされています。暗闇の中で撮られた写真や手からのビデオが鮮明で震えないようにするために、5軸安定化デュアルI.Sがあります。


フルフレームマトリックスの主な利点Kropomはセンサーをもっと明るくすることです。そのため、照明が悪くても、適切な画質が得られる可能性が高まります。 Lumix S1センサーの解像度は24メガピクセル、Lumix S1Rは47メガピクセルです。

両方の装置はからのレンズを支えますパナソニック、シグマ、ライカの両社が製造したLマウントライン。さらに、パナソニックは50mm f / 1.4、24〜105mm、70〜200mmのレンズを発売する予定です。新しいアイテムは3つの軸で動く折りたたみディスプレイによっても補完されます。 SDとXQD:メモリカード用の2つのスロットがあります。


新しいパナソニックフルフレームカメラがロシアで発売されるとき、そしてその価格は不明です。

出典:theverge.com

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。