ニュース

MWC-2019:アルカテル3T 10タブレット

中国の会社TCLが、Alcatelというブランド名の下で、いくつかの気取らないスマートフォンをバルセロナで展示しました
そしてタブレット。アルカテルも。また簡単です。

アルカテル3T 10 - スタンダードウィークマルチメディアをほのめかす2つのフロントスピーカーを装備した10インチのタブレット。さらに、負荷の中に追加の「オーディオステーション」 - 図では、それはちょうどそれに接続されています。

このデバイスは、スマートホームを制御するためのGoogleアシスタントを内蔵したデバイスとして一般に位置付けられています。オンボードAndroid 9.0パイ。

アルカテル3T 10自体の価格は179ユーロ、オーディオステーションは229ユーロです。売却のタイミングは正確に定義されていません。

アルカテル3T 10の主な特徴:

S-IPSスクリーン、10.1インチ、1280×800、16M色、タッチ式、静電容量式、マルチタッチ
IronMediaTek MT8765
1.28 GHz、4 x ARM Cortex-A53
RAM RAM 2 GB、ROM 16 GB、最大128 GBのマイクロSD
モバイルインターネットLTE cat.4 150/50 Mbit / s
HSDPA、HSUPA

モバイルネットワークLTE
UMTS
GSM 850、900、1800、1900
バッテリーリチウムイオン、4080 mAh
外形寸法260 x 156.6 x 8.95 mm
重量440g
Camera 2 MP、フラッシュなし、オートフォーカスなし、最大5 MPまでの補間、f / 2.8
正面:2 MP、5 MPまでの補間、F / 2.8
ナビゲーションGPS
OSAndroid 9.0パイ
センサー加速度センサー

Tatyana Kobelskaya