ガジェット

Micro Magicは、パフォーマンスにおいてAppleのM1チップを大幅に上回るシングルコアARMプロセッサを作成しました(2枚の写真)


会社が提案した革新的な変更独自のAppleM1プロセッサでラップトップをリリースしたAppleは、コンピュータ業界を根本的に変えることができます。多数のベンチマークで確認されたAppleM1チップの高性能は、AppleのモバイルプロセッサがIntelやAMDのデスクトップシステムと競合できると同時に、消費エネルギーが大幅に少ないことを示しています。

モバイルをさらに発展させる方法の1つコンピュータ技術はRISC-Vアーキテクチャを使用できます。その機能は、5.19GHzの周波数のシングルコアチップがわずか1.1ワットの電力を必要とするアメリカの会社MicroMagicによって実証されました。
開発者はシングルコア64ビットを導入しましたRISC-Vアーキテクチャ上のプロセッサであり、チップの特性はApple M1(8コア)およびARM Cortex-A9(4コア)の特性よりも優れていると述べています。 CoreMarkベンチマークでテストした場合、MicroMagicプロセッサは4.25GHzおよび200mWの電力消費で11,000ポイントを獲得します。


EEMBCシングルコアチップでテスト済みRISC-Vは1ワットあたり55,000ポイントの独自のスコアを達成しますが、AppleM1プロセッサはわずか10,000ポイントを獲得します。同時に、Apple M1には8つのコアがあり、消費電力は15ワットです。これにより、Micro Magicの代表者は、AppleM1の結果を1ワットあたりわずか100ポイントで主張できます。その論理によれば、22 343ポイント、4コア、5 WのCortex-A9には、1ワットあたり1112ポイントのインジケーターがあります。この計算方法は本当に疑わしいですが、直接比較しても、MicroMagicの技術的特性はAppleM1よりも高く、消費電力は15分の1です。

同じMicroMagicの担当者は、25コアで消費電力がわずか5ワットのプロセッサを作成する可能性があると主張しています。