ガジェット

MediaTekは、5Gフラッグシップスマートフォン用のDimensity1100および1200チップを発表しました


MediaTekはプロセッサのラインを拡大し、フラッグシップセグメントのスマートフォンでの使用を目的としています。 2020年5月のDimensity1000 Plusプロセッサのリリースに続いて、MediaTekは新しいトップエンドのDimensity1100およびDimensity1200プロセッサを開発および導入しました。

新しいチップは、TSMCの6nmプロセス技術を使用して製造されています(Dimensity 1000 Plusは、7 nmプロセス技術を使用して製造されました)。どちらのプロセッサにも8つのコアがあります。 Dimensity 1100は、2.6 GHzの4つの高性能Cortex-A78コアと、2.0GHzの4つのエネルギー効率の高いCortex-A55コアで動作します。 Dimensity 1200シリーズの古いモデルは、2.6 GHzで3つのCortex-A78コア、3.0 GHzで1つのCortex-A78コア、および2.0GHzで4つのCortex-A55コアを使用します。両方のプロセッサでのグラフィックス処理は、GPU ARM Mali G77 MC9と、AIタスクの処理(Dimensity 1200プロセッサではDimensity1100よりも10%効率的に動作するAPU 3.0モジュール)によって処理されます。

SoC Dimensity1200上の5コアISP最大200MP(シングル)または最大32MP + 16MP(デュアル)のイメージセンサーをサポートします。一方、ジュニアプロセッサのDimensity 1100は、最大108 Mp(シングル)または最大32 Mp + 16 Mp(ダブル)の解像度のセンサーで動作します。

プロセッサは、ディスプレイのサポートも異なります。したがって、Dimensity1200モデルは最大168HzのリフレッシュレートのFHD +画面をサポートし、Dimensity1100-最大144HzのリフレッシュレートのFHD +画面をサポートします。どちらのチップも、HDR10 +ビデオ再生とハードウェアアクセラレーションによるAV1ビデオデコードをサポートしています。両方のプロセッサのディスプレイは、90Hzのリフレッシュレートをサポートしています。

どちらのチップもBluetooth5.2、Wi-Fi 6をサポートしており、5GNSAおよびSAモードで動作する5Gモデムモジュールがあります。

すでに2021年の第1四半期に、新しいMediaTek Dimensity1100およびDimensity1200プロセッサが、Realme、Xiaomi、Vivo、およびOPPOのスマートフォンモデルにインストールされます。

出典:xda-developers