ガジェット

Jeff Bezosが月面着陸の月面図を示しました(7枚の写真とビデオ)


近くの惑星の植民地化の問題は通過します理論から実用分野へ。 Jeff BezosのBlue Origin社は、以前に分類されたBlue Moonランディングモジュールプロジェクトの最初の結果をワシントンで発表しました。プロジェクトは2016年以来存在していて、そして今だけ会社Bezosの長は月の探査のための計画を明らかにして、そして積荷月モジュールのプロトタイプを示しました。

&times


記者会見中にビジネスマン地球の衛星に約3.6トンの積載量を届けることができるであろう月の植民地化のためのモジュールの外観を実証しました。同時に、ブルーオリジン航空宇宙会社では、6.5トンの貨物を月に、そして人間の植民地化者を地表に届けるためのモジュールの上に届けることができるより持ち上がる装置の研究が進行中です。

Blue Moonモジュールは最新のものを備えています月面の地形学的研究のためのナビゲーションシステム。加えて、有人月面ローバまたは2つのスペースローバを収容するためのスペースがモジュールの上面に設けられる。


特にブルームーンモジュール用ブルーエンジニアオリジンは液化水素を燃料とする40kNバージのBE-7ロケットエンジンを開発しました。水素の抽出は月面に見いだされる水から「その場で」実施されることが予想される。 BE-7の実際の火災テストは2019年の夏に予定されています。

ブルーオリジンによって開発された月の探査のプロジェクト、地域資源を使ったインフラ計画が含まれています。 Bezosによれば、月への重力がかなり少ないため、採掘に必要なエネルギーは地球上での同様の作業よりも24倍少ないという。


植民地化の第一段階は2024年にBlue Moonモジュールの有人打ち上げで始まります。この期間は、NASAが月に戻るために米国政府が設定した管理期間と一致しています。しかし、NASAは現在具体的な計画を立てておらず、Blue Moonプロジェクトが政府の支援を受ける可能性が高いです。

ソース:cnet.com

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。