リサーチ

日本の宇宙機関は小惑星に爆弾を投下する方法を示した

4月5日日本の宇宙船「はやぶさ-2」2.5キログラムの銅の殻と4.5キログラムの爆薬からなる爆弾を500メートルの小惑星竜宮の表面に落とした。約300メートルの高度で、発射体は爆発し、小さな天体の表面の方向に、毎秒2キロメートルの速度に加速された2.5キログラムのペネトレータを送りました。

日本の宇宙船JAXA(Aerospace Research Agency)は小惑星の近くに位置しており、その特徴を現在約1年間研究しています。 「はやぶ2号」は目標を達成し、2018年6月に竜宮軌道に突入しました。その研究の過程で、装置は様々な危険な操作を実行し、そして宇宙石の歴史をよりよく理解するために、科学者によれば、それはその形成以来私達の太陽系の秘密の一部を保ってきた。

最初に、探査機は小惑星の表面まで下がりました。いくつかのジャンパー - その表面を研究した小型ロボット。それから、装置はRyugaにできるだけ近くなり、それにタンタルの弾丸を発射しそして宇宙に上がったその土の粒子を集めた。しかし、探査任務の最も「極端な」部分は、宇宙の物体に本物の爆弾を投下することでした。装置は、今年の4月5日にこの操作を実行したばかりです。

数週間後、日本の代理店JAXAついにこのイベントの枠を共有しました。爆発物の発射時にはやぶさ2号カメラで迎えられました。撮影は赤外線カメラTIR(Thermal Infrared Camera)を用いて行った。残念なことに、爆発によってダメージを受けないように、爆弾が落下した後に装置がすぐに安全な距離まで物体から落下したため、ビデオはRyuguの表面にクレーターを作成する瞬間を示しません。

Hayabus-2が告発を取り下げた後龍宮の向こう側に飛んできて、ここ2週間そこにいました。運用当日、JAXAの専門家は、弾丸が竜宮の表面に到達したことを確認しました。このイベントは、はやぶさ-2を発射体で「撃ち落とした」DCAM3自律カメラで記録されました - それは側面からプロセスを撮影していました。

宇宙船は年末まで竜宮の近くで、それから土壌サンプルと一緒に地球へ行き、2020年の終わりに科学研究所でのさらなる研究のために私達の惑星の表面に集められた材料でカプセルを投げ入れてください。

あなたは私たちの電信チャットでニュースについて議論することができます。