リサーチ

日本の探査機「はやぶさ-2」が4月5日に小惑星竜宮を爆撃する

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は先月、竜座小惑星に着陸し、物体の表面に特殊な金属製の発射体を発射した後に地上からサンプルを収集した「はやぶさ2」のミッションのさらなる計画を発表しました。知られているように、JAXAは来月非常に危険な操作をするでしょう - 小惑星の表面の上にクレーターを作成して、地下の土壌サンプルを集めるために小さな爆発性の殻を小惑星の表面に落とすこと。

科学者によると、これらのサンプルの分析は私たちの太陽系の歴史にもっと光を当てることができます。

宇宙機構は次のように説明しています4月5日、はやぶさ-2は、小球の表面に2kgの重さの衝撃を与えるインパクターを投げつけなければなりません。その後しばらくして、宇宙船は宇宙や太陽の放射にさらされていないより深い小惑星層から土壌サンプルを集めるでしょう。

操作の実行中に、発射体は表面に落とされるでしょう、宇宙船は爆発と宇宙に上がった破片の結果としてのその損傷を防ぐために非常に速く小惑星の反対側に動かされる必要があるでしょう。 JAXAの「はやぶさ2」ミッションの佐伯貴直氏は、「操作は非常に複雑でなければならない」と述べています。

デバイスが別のデバイスに移動し始めるとすぐRyuguに向かって、彼は起こるすべてを捉えるカメラで特別な独立型モジュールを「撃ち落とす」。小惑星の反対側では、はやぶさ-2は数週間を過ごします、その後、それは爆弾の観察と調査を行うために砲撃の場所に戻ります。他のミッションリーダーであるKoji Wadによると、科学者たちはその起源の歴史をよりよく理解するためにそれが含むクレーターと土壌を分析することを計画しています。

爆撃作戦の前日小惑星探査機「はやぶさ-2」が地上に接近し始め、高度20キロメートルになります。この後、プローブは爆薬を含む円錐形のインパクターをリセットします。爆発によって発射体が変形し、その形状が球形に変わります。その結果、発射体は毎秒2キロメートルの速度で小惑星の表面に衝突します。

JAXAはこの作業の間に彼らがオブジェクトの内部構造がより柔らかい場合は、直径10メートル、深さ1メートルのクレーターを竜宮の表面に作成できます。小惑星がより堅い地下の土からなるならば、クレーターはより小さい直径を持つでしょう。

宇宙開発事業団が開催予定結果として生じるクレーターの中の短い着陸「はやぶさ-2」。しかし、JAXAは、機器の安全性が第一にそれらのためにあると述べています。そのような操作が安全でないと見なされた場合、それは放棄されます。それにもかかわらず砲撃後の探査機が着陸することを決定した場合、地下土のサンプルがそのような物体の表面から採取されるであろう歴史の中でこれが初めてになります。

すべての科学的宇宙運用が計画されていますはやぶさ-2は2019年末までに完成する予定です。収集された土壌サンプルは、さらなる分析のために2020年末までに地球に届けられる予定です。

小惑星は日本からその名前を得た民間伝承 - 漁師の浦島太郎についての物語 - 海の要素のドラゴンRyujinの支配者の住まい - そこから、漁師は海の支配者の娘によって彼に提示された神秘的な紙箱を家に持ち帰りました。小惑星の名前を選ぶとき、物語のプロットは小惑星から地球に、その構成が未知である土壌サンプルを届けるためのはやぶさ-2探査機の仕事を反映すると考えられました。

小惑星竜宮の直径は約900メートルです。その軌道は地球からおよそ3億キロメートルにあります。

あなたは私たちの電信チャットで日本の宇宙船「はやぶさ-2」のミッションの進捗状況について議論することができます。

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。