全般リサーチテクノロジー

日本が火星の衛星にミッションを送る

日本は世界で4番目の宇宙大国アメリカ、ロシア、中国の後。太陽が昇る国は現在、主に軌道衛星の打ち上げに特化しているという事実にもかかわらず、近い将来、日本は航空宇宙プロジェクトの分野で真のブレークスルーを行うかもしれません。そのため、日本の宇宙機関JAXAは、火星、より正確には2つの火星衛星の1つであるフォボスへの新しいミッションを作成する計画を公式に発表しました。日本のエンジニアの野心的な計画が機能すれば、人類は史上初の宇宙船を持つ可能性があり、火星系に到達するだけでなく、地球に戻ることもできます。

フォボスとデイモス-赤い惑星の2つの小惑星衛星

火星への新しいミッション

フォボスは火星の2つの衛星のうちの1つで、その起源は、この月が公式に発見されて以来、科学界にあり、今なお激しい議論が続いています。衛星の起源の謎に光を当てるために、Marsian Moons Exploration Mission(MMX)と呼ばれる日本のミッションは、2024年には宇宙旅行を計画しています。プログラムの実行中にデバイスで予期しない問題が発生しない場合、JAXAはミッションが3年以上フォボスに存在できることを期待しています。この期間中、デバイスは地元の土壌のサンプルを採取し、衛星の表面の地図を作成し、この小さな火星の月の異常な外観の理由を示すこともできる、とfuturism.comポータルは報告しています。

参照:火星の入植者はレーザーを使用して地球と通信します

火星への日本のミッションは、惑星の衛星をよりよく研究するのに役立ちます

ユニークな科学的ミッションのために宇宙船には11個のツールが装備され、10グラムの土壌サンプルを収集し、衛星の表面から2センチ下に掘削することができます。このような少量の物質の分析は、科学者が両方の火星の月がどのように形成されたかを正確に理解するのに役立ちます。フォボスとデイモスの形状は小惑星に非常に似ているという事実にもかかわらず、衛星は火星自体の破片である可能性があり、大惨事の結果としてその一部を失う可能性があります。

ところで、Yandex.ZenとTelegramの公式チャンネルで天文学に関するさらに便利な記事を見つけることができます。

その主な目的に加えて、日本語このプログラムは、火星の水資源の研究にも焦点を当てています。火星の水資源は、いわゆる「地球環境の段階」で発生します。むかしむかし、火星はかなりの量の液体の水を持っていましたが、まだ不明な理由の結果として、火星のほとんどすべての水は文字通り非常に短い時間で宇宙に蒸発し、その残骸は地下に入りました。科学者たちは、惑星の2つの衛星の構成を調査することで、火星の進化と、かつては温暖だった世界が完全に生命のない砂漠に変わった原因をよりよく理解したいと考えています。

これについてどう思いますか?公式の電報チャットで、同じ考えを持つ人とアイデアを共有してください。

なるほど、上記のミッションは日本企業のJAXAは、日本人が航空宇宙産業を積極的に発展させている最初の証拠ではありません。ですから、昨年、宇宙船「はやぶさ2」がリュウグウと呼ばれる小さな遠方の小惑星にうまく着陸できたと書きました。小惑星の土壌の粒子を収集した後、ミッションは地球に向かい、2020年12月に帰宅する予定です。