全般リサーチテクノロジー

福島を新しい再生可能エネルギー源に変えることは可能ですか?

2011年の福島の災害の前日本の大都市圏に電力の3分の1を供給し、日本の送電網に組み込んでいます。同時に、福島県は日本で3番目に大きい県であり、膨大な量の再生可能資源があるため、県は再生可能エネルギー源を導入する大きな可能性を秘めています。ポータルnewatlas.comによると、日本政府は福島のエネルギー産業に新たな命を吹き込む用意ができており、その破壊は核危機につながった。現在、福島地域を再生可能エネルギーセンターに変え、首都での供給と使用のために生産する予定です。

太陽光と風力発電所は、以前は住民が使用していた農地と山岳地帯に建設されます。

東京の新しい電気ネットワーク

環境にもかかわらず大惨事のため、日本政府は現在、福島県の11の太陽光発電所と10の風力発電所の開発計画を、放射線汚染の増加により地元の人々が使用していない農地で開発しています。

政府は、この地域の開発は3,000億円、つまり約27.5億ドルになります。このプロジェクトの主なスポンサーは、日本国営開発銀行と民間金融機関であるみずほ銀行であり、これらは既にプロジェクトの協調融資のための融資枠を準備しています。

県内の平均発電量現在、約600メガワットと推定されており、これは原子力発電所の3分の2に相当し、生産されたエネルギーはすべて日本の首都に送られます。

計画された計画は、建設を提供します発電した電力を東京電力の送電網に接続するための福島の80キロメートル幅のグリッド。概算によると、プロジェクトのこの部分の費用は約290億円です。

2011年には、約16万人が立ち入り禁止区域を去りました

参照:福島が2番目のチェルノブイリになった経緯

福島政府は現在試みている2011年の事故後、この地域の再生可能エネルギーの生産を増やすため。マグニチュード9の地震が津波を引き起こし、原子力発電所に海水が浸水し、チェルノブイリ以来最悪の原子力災害を引き起こしました。

日本の投資は進行中のプロジェクト?ロシアは完全に再生可能エネルギーに切り替える準備ができていますか? TelegramチャットまたはYandex.Zenのチャンネルで意見を共有してください。

災害復旧後、生産の再開、2040年までに地域全体に再生可能エネルギーを提供する計画が策定されました。彼らは、地熱エネルギーだけでなく、風、太陽、水のエネルギーを組み合わせることにより、この目標を達成することを計画しています。このようにして、2018年に福島はすでに1.5 GWの電力を生成することができたことが知られています。