ガジェット

スイスでは、空気から灯油を抽出し始めました(5枚の写真+ビデオ)


環境問題と不安定な石油価格エンジニアに再生可能エネルギーのさまざまな供給源を試すことを強いる。太陽光の利用は現代のエネルギーにおける優先事項です。スイスの開発者たちは、太陽エネルギーを使って空気から炭化水素燃料を抽出する独自の方法を提案しました。


実験的な設定はすでに行われていますスイス連邦共和国および中央ヨーロッパの気候の条件でさえも1日あたり最大100mlの灯油を生産することができます。スイスの高等チューリッヒ工科大学の技術者は、空気と二酸化炭素から水を抽出する装置を作り、太陽エネルギーを使ってそれを分解します。その結果、出口に水素と一酸化炭素からなる人工ガスが得られる。得られた混合物は次に航空灯油を含む炭化水素燃料を製造するために使用される。

化学プロセスは高いを使用します太陽エネルギーによって達成される温度。そのような条件は、反応の高速度および効率を達成することを可能にする。結果として、実験施設は約100mlの燃料を生産します。


プロジェクトの次の段階は、大規模なプロジェクトを作成することです。その建設はすでにマドリードの近くで始まっています。開発者の主な目的は、産業規模で灯油を生産することができる費用対効果の高い炭化水素燃料発電機を作成することです。

専門家の計算によると、の使用1平方キロメートルのソーラーステーションの技術は、1日当たり最大2万リットルの灯油を生産することを可能にします。 1万1000平方キロメートルを超えるモハーベ砂漠の面積の約3分の1の面積に太陽光発電機を設置すれば、航空需要のために石油生産を完全に放棄することができます。


太陽エネルギーと風力エネルギーのコストを炭化水素エネルギーの価格の2〜3倍低くすることで、水素燃料の生産開発への道が開かれました。

出典:ethz.ch、futurity.org

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。