ガジェット

日本では、人と動物のハイブリッドを作ることができます


遺伝子組み換えの問題特に実験が生物と結びついていて、さらに人間の遺伝物質を使っているのであれば、科学界での激しい議論。しかし、日本では、政府は最近、げっ歯類を修正する曖昧な許可を出しました。

での医学研究所の教授東京大学中智千光氏は、ヒトの細胞をマウスやラットの胚と交配する方法を開発しました。新しい雑種動物の外観は「標準的な」自然個体と変わらないでしょう。科学者の主な仕事はそれらに人間の遺伝物質を導入することによって内臓を修正することです。この実験の目的は、ヒトの臓器に代わることができる動物の内臓の培養である。

幹細胞を使用する日本の科学者彼らはさらに人間への移植のために動物の特定の種で人間の臓器の栽培を開始しようとしています。したがって、ドナー臓器を有する患者を長時間待つという問題は解決されるであろう。

人を「横切る」手法の批評家動物の恐怖は、人間の細胞が動物の脳に浸透した場合に、被験者の意識を変化させる可能性があります。しかし、Kharomitsu Nakauchiは、ヒトの遺伝物質を膵臓に排他的に導入して、ヒトのものと同一の内臓をさらに「生産」することによって、この可能性を排除します。

日本の科学者の計画には体系的な動物を変更する可能性の徹底的な研究。実験の最初の段階では、改良された動物の胚は最大14日間、そしてラットは15日間成長させられます。

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。