リサーチ

イタリアでは、「ヴァンパイアルニャーノ」の埋葬が見つかりました

古代では非常に奇妙なことがありました伝統さえ恐ろしい。例えば、2016年にKabardino-Balkariaで、異常に長い頭蓋骨を持つ西暦1世紀の16歳の少女の骨格が発掘されました。考古学者たちは、細長い頭が高い社会のしるしと考えられていたため、古代では子供たちが頭の中で特にしっかりと結ばれていたと説明しました。 2018年、考古学者たちはイタリアにもっとひどい残骸を発見しました。彼の口に石がある10歳の男の子の骨格です。

埋葬はから考古学者によって発見されましたアリゾナ大学とスタンフォード大学。それは赤ちゃんLa Necropoli dei Bambiniの墓地で、ウンブリア州のイタリアの地域に位置していました。少年は5世紀に住んでいて、この場所に埋葬されたすべての子供たちと同様に、マラリアで死亡したと考えられています。考古学者によると、子供を埋葬した人たちは、彼の復活を死からの恐れと病気の広がりから恐れました。防御として、彼らは彼の口に大きな石を置いた - これは故意に行われた、なぜならその表面には歯からの傷があるからである。

その少年と呼ばれる地元の人々"ヴァンパイアルニヤノ。"この場所の以前には、カラスの爪や灰の入った青銅の大釜のような「不思議な」物が埋葬されていました。最も古いスケルトンは3歳の女の子のものでした - 彼女の腕と脚は重い石で重荷をかけられていました。古代の人々は、このようにして「悪の勢力」が病人の死体を離れることを許さないと信じていました。

同様の遺跡がイタリアの他の地域でも発見されました。例えば、2009年に考古学者は、16世紀の老婦人の身体にレンガを口に入れて発掘しました。彼女はその後ヴェネツィアの吸血鬼と命名された。

考古学チームは赤ちゃんの墓地に戻ります2019年の夏に。彼らは人々がどのようにマラリアの大流行に反応したかを調べるつもりです。彼らはそのような研究が彼らが古代の人々がどのように考えたかを理解するのを助けるのを思い出させます。そして、あなたはこれについてどう思いますか?電信チャットで教えてください。

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。