ニュース

IFA-2019:ソニーXperia 5

ソニーは、新しいスマートフォンを主力製品ラインナップ、Sony Xperia 5に追加しました。

フラッグシップのソニーXperia 1に関連してモデルは最年少ではなく、サイズが小さくなっています。残りの「5」「ユニット」は決して劣っていません。もちろん、6.1インチの画面解像度は1080×2520(「ソニーXperia 1には1644×3840文字の解像度を持つ6.5インチの画面があります」)が「唯一」であると言えますが、これは欠点ですか?おそらくそれだけの価値はありません。

ソニーXperia 5は、同じ、最も強力なハードウェア-Qualcomm Snapdragon 855チップセットと同じ6 GBのRAM。アスペクト比21:9の同じ「映画」形式の画面と、Dolby Atmosおよびステレオスピーカーをサポートする同じオーディオシステムがあります。最後に、ここにはカメラのセットさえあります。

トリプルメインカメラは異なる組み合わせ特性は同じですが、解像度モジュールは同じです-3つすべての12 MP。 1つは、焦点距離が16 mmに等しい超広角レンズです。 2番目のメインは、写真を撮影するための光学式安定化システムと、ビデオ撮影用のハイブリッド光電子安定化システムを備えています。 3番目には望遠レンズがあり、焦点距離は52 mmに相当します。光学的安定化もあります-これは望遠にとって重要です。一緒に、カメラは提供します
2倍光学ズーム。

ビデオを撮影するためのカメラ機能が含まれます21のCineAltaベースのCinema Proモード:9つのムービー撮影、LOOKカラーマネージメントテンプレート、4K HDR9ムービー録画、モバイルデバイス用のBIONZ XTM、RAWノイズリダクションおよび目のオートフォーカス。ハイブリッドオートフォーカス。

f / 2.0アパーチャを備えた8 MPフロントカメラは、HDRモードで撮影でき、ジェスチャーに反応して笑顔を認識します。

IP68に準拠した防塵および耐湿性。

画面の対角線の縮小をわずかに許可再充電せずにバッテリー寿命を損なうことなくバッテリー容量を削減し、それに応じてスマートフォンのサイズに影響を与えました。すでに68 mmになっており、短くなっているため、使用する方が明らかに便利です。

Sony Xperia 1などの指紋スキャナー側面にあり、電源ボタンに組み込まれています。スマートフォンの側面の機能はこれに限定されません。ここでも、ケースの端に触れることで制御する機能が実現されています。この機能はサイドセンスと呼ばれます。

18ワットの高速充電に対応しており、ワイヤレス充電は提供されていません。

スマートフォンは、今年の第3四半期中に発売されます。価格は発表されていません。

Sony Xperia 5の主な機能:

スクリーンOLED、6.1″、1080×2520、16Mカラー、タッチ、容量性、マルチタッチ、Gorilla Glass 6、21:9 CinemaWide
IronQualcomm Snapdragon 855
1×Kryo 485、3×Kryo 485、4×Kryo 485、Adreno 640
RAM RAM 6 GB、ROM 128 GB、最大512 GBのマイクロSD
モバイルインターネットLTE cat.19 DL 1650 Mbps、LTE cat.13 UL 150 Mbps
HSDPA、HSUPA

モバイルネットワークLTEバンド1-5、7、8、12、13、17、19、20、25、26、28、29、32、34、38-41、66
UMTS 850、900、1900、2100
GSM 850、900、1800、1900
バッテリーリチウムイオン、3140 mAh
寸法158 x 68 x 8.2 mm
重さ164 g
カメラ12 MP、フラッシュ、オートフォーカス、トリプル、OIS、12 MP f / 1.6 78°1 / 2.6 "+ 12 MP f / 2.4 135°1 / 3.4" + 12 MP f / 2.4 45°1 / 3.4 "
前頭:8 MP、f / 2.0
ナビゲーションGPS、GLONASS、北斗、ガリレオ
OSAndroid 9.0パイ
センサ加速度計、ジャイロスコープ、コンパス、近似、気圧計、照明、指紋スキャナ、ホール、NFC

現時点では、すでにモデルのビデオビューが多数あります。

</ p>

Tatyana Kobelskaya

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。