ガジェット

人間の髪の毛を使用してOLEDスクリーンを作成します(写真2枚+ビデオ)


人間の髪の毛のユニークな特性、発光粒子を生成するために必要な炭素と窒素の源であり、クイーンズランド工科大学(QUT)の専門家によって使用されました。現在、埋め立て地で美容院から投げ出された数千トンの人毛は、処分して再び人類に送り返すことができます。

OLEDパネルを作成するプロセスは、不純物から髪を完全にクレンジングします。その後、髪は240°Cの温度で燃焼され、炭素と窒素が形成されます。次の段階で、得られた材料はカーボンナノドットに変換されます。その線形寸法は10ナノメートルを超えません。


次に、得られたナノドットを点在させますいわゆる「ナノアイランド」に組み合わされたポリマー表面。OLEDスクリーンのアクティブ層として使用できます。小さな電圧は、ナノドットが青色スペクトルの光で「点灯」するのに十分です。最小量のエネルギーが必要なのは、スクリーンによるそのようなスペクトルの光の放出のためです。明るさは350 cd / m2に達することができ、固体ガラスベースで700 cd / m2の明るさを得ることができます。

人からナノドットを作る技術Hairはスマートフォンやタブレットの大きなディスプレイを作成するためのものではありませんが、小さなウェアラブルデバイス、パッケージ、または医薬品で使用できます。


有機発光デバイスの使用人間の髪の毛に基づいて、インテリジェントなパッケージ、小さな看板、スマートドレッシング、その他の医療機器を作成できます。無毒の材料の使用は医学の必要性にとって理想的です。次のステップでは、科学者たちは人間の髪の毛を動物の髪の毛に置き換えようとします。

ソース:newatlas