ガジェット

グーグルはページを持った本の形でスマートフォンを思いついた(2枚の写真)


時間が経つにつれて、折りたたみ式のスマートフォンは受け入れるかもしれません開いているアプリケーションごとに別々のページを持つ従来のブックフォームファクタ。いずれにせよ、最近提出された特許出願によって判断して、グーグルはすでにこれについて考えています。

特許も発行されています。 それに基づいて、「スマートな」本のユーザーは、例えば地図とGmailの間でページをめくることができるでしょう。このようなスマートフォンでは、個々のディスプレイは相互に0.005 mmの距離でスイベルに取り付けられます。さらに、外側カバーは柔軟性のないディスプレイを有し、内部には可撓性スクリーンがある。ページ数が異なる場合があります。


スタブ内にすべての必要なハードウェアがあります。ページが本当に柔軟で薄いように、コンポーネント(プロセッサ、メモリ、バッテリなど)を配置します。これまでのところ、同社はいくつかの試作品に取り組んでいます。判断するのは難しいのですが、装置は明るみに出て世界に見せるでしょうか。

ソース:letsgodigital.org