テクノロジー

鳥のように「枝にしがみついている」という無人偵察機ははるかに長く飛ぶことができます。

これは鳥です!これはドローンです! いいえ、それは実際に鳥のようにしがみつくことができる無人機です。コウモリはひっくり返して何かにしがみつくことができます。鳥たちは猛禽類にしがみついて一晩中静かに座っていた。それが新しいドローンがこの節電技術を使って何かをつかむことができる方法です。 Science Roboticsに掲載された記事の著者であるYale大学のKayu Hang氏は、次のように述べています。

彼によれば、この戦略は、無人機が高い物体の上に置かれ、長期の観測を行うときに、「しがみついて監視する」アプリケーションに非常に役立つでしょう。

無人機に爪に​​しがみつくように教える

ドローンのそのような収縮は以前に研究されました、しばしば複雑な操縦を必要とした。新しい無人機はそれがそのグリップの幅より小さいものにしがみつくことを可能にするグリップを持っている:枝、道路標識またはライト。エンジニアは、無人機に「接触モジュール」(物体との接続点として機能する装置)を備えた3本のガイド付き指を装備し、コウモリや猛禽類などのさまざまな動物のしがみつきのスタイルを模倣することができます。

たとえば、片側を端にくっつけると、無人機は2つのプロペラをオフにして、エネルギーを約45%減らすことができます。彼はまた枝をつかみ、コウモリのようにひっくり返し、そしてすべての回転子を完全に止めることができます。あるいは、彼はねぐらの上に座ることができます、そして、ねじは活発でなければなりませんが、彼は69%少ないエネルギーを消費します。

グリップドローンを提供することでそれらを提供できますより大きな揚力と人々とのより安全な相互作用。 「ドローンが何かに追いつくとすぐに、追加のローターを搭載せずに、かなり大きな荷物を持ち上げることができるでしょう」とハングは言います。

チームの次のステップはこれらを装備することですこのような外の天候などの実況のためのUAV。これらの無人偵察機がどこかに浮かぶことができれば、彼らはほとんどのマラソン飛行が可能になるでしょう。確かに、中断があります。

それとも、どのような用途がありますか? Telegramでのチャットで教えてください。

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。