ガジェットニュース

動的に変化する表面を備えたディスプレイを開発-点字モニターのプロトタイプ


視覚障害者をアクティブに戻す人生は、コーネル大学(米国)の科学者とテクニオン工科大学(イスラエル)の代表者によってなされた発明によって助けられます。専門家は、ガスの燃焼の結果として、動的点字スクリーンを作成するために必要な「膨張可能な」ポイントが表示される柔軟なシリコーン表面を作成することができました。

発明の結果は創造である可能性がありますタブレットや電子書籍リーダーなど、視力を失った人々に適した電子機器。このようなガジェットの画面の表面は、ユーザーのタッチから動的に変化します。新しい技術は、ユーザーのタッチによってトリガーされる燃焼プロセス中にシリコーン膜上に凸点を作成する、外部環境から分離されたメカニズムを作成するというアイデアに基づいています。

動的点字ディスプレイを作成する場合、科学者はモニターの正しい位置で力を伝達するという問題に直面しました。以前は、これにコンパクトなモーター、油圧機構、またはミニチュアポンプを使用する試みがありました。しかし、そのようなシステムは非常に複雑で高価でした。

米国とイスラエルのエンジニアと科学者のチーム成形されたシリコーンと液体金属電極に基づいて、事前に混合されたメタンと酸素に点火するための火花を生成するシステムを作成しました。

格子構造では、混合ガスが流れます一連の接続されていないチャネルを介して、それぞれが約3ミリメートルの厚さのアクチュエータにつながります。ガス混合物の点火の結果として、薄いシリコーン膜は数ミリメートル「膨張」します。磁気固定システムは、これらのポイントに永続的な形状を与えます。サーフェスを押すだけで、システムを初期パラメータにリセットできます。

開発者によると、将来的には技術アプリケーション、ソフトロボット、ウェアラブルバーチャルリアリティ機器に組み込むことができます。これまでのテスト対象のシステムには、9つの液体エラストマードライブポイントしかありません。科学者たちは、電子触覚ダイナミックスクリーン上のドットの密度を高めるために取り組んでいます。

ソース:techxplore