全般リサーチテクノロジー

ファイザーワクチンから報告された死亡。何が起こっていますか?

この記事の執筆時点では、世界コロナウイルス感染の9,300万件以上が記録されています。症例数は日々増加しており、各国当局は大量ワクチン接種によってこれを阻止しようとしています。ロシアでは、Sputnik Vはまず、18〜60歳の医療および教育機関の労働者にワクチンを接種します。アメリカとヨーロッパの国々では、ファイザーとBioNTechによって開発されたワクチンが使用されています。私たちとは異なり、80歳の患者でさえそこでワクチン接種されています。したがって、当局は、人口の中で最もリスクの高いグループの命を救いたいと考えています。しかし最近、ドイツとノルウェーでワクチンが導入された後、何人かの患者が死亡したことが知られるようになりました。これは、ワクチンの無効性や危険性の証拠と見なすことができると考える人もいるかもしれません。しかし実際には、すべてが見た目ほど悪くはありません。

コロナウイルスワクチン接種による死亡はオンラインで報告されていますが、心配する必要はありません

ドイツでのワクチン接種による死亡

どちらの場合も、結果について説明します。PfizerとBioNTechによって製造された製品によるワクチン接種。ドイツでは、12月27日にワクチン接種が開始され、最初のステップは、老人ホームや病院の居住者や従業員に注射を行うことでした。また、この年齢層のコロナウイルスによる死亡率は非常に高いため、80歳以上の人々には特別な注意が払われました。 1月14日現在、84万2千人以上がワクチン接種を受けています。

多くの国でワクチン接種は2020年12月に始まりました

しかし、社会はかなり動揺していましたワクチン投与後の10人の死亡を報告。研究者たちはすでにこれらの事件を研究していますが、心配することは何もないと確信しています。彼らによると、ワクチン接種後 すでに非常に深刻な状態にあった患者が死亡した..。それらのすべては緩和ケアにありました-これは、末期の患者の状態を緩和するために提供される医療の名前です。現時点では、基礎疾患の影響で死亡したと考えられています。死は単にワクチン接種後の期間と一致した。ワクチン投与から死亡までの間隔は数時間から4日でした。

ワクチンSputnikVとEpiVacCoronaはロシアで開発されました。アメリカの会社ファイザーからのワクチンもあります。英国で承認されたModerna

10のケースがあるので、これはすべて簡単に信じられますワクチン接種を受けた84万2千人の死亡はそれほど多くなく、かなり予想されています。 325人が副作用を起こし、そのうち51人が重症であったことも知られています。少なくとも6人がアナフィラキシーショックを受けました。これは即時アレルギー反応の名前であり、症例の約10〜20%で致命的です。

YandexのWebサイトで、感染数とワクチン接種数に関する統計を表示できます。

ノルウェーでのワクチンによる死亡

ノルウェーでもファイザーワクチン接種12月27日からスタート。ワクチンを最初に受け取ったのは、ノルウェーの首都オスロにある養護施設の住民でした。 12月14日までに、合計約25,000人がワクチン接種を受けました。そのうち23人が死亡したとのことですが、研究者によると、心配する必要はありません。致死的な結果は、免疫力が低下した80歳以上の高齢者の間でのみ記録されました。コロナウイルスワクチンのリスクファクターは小さいと報告されています。深刻な病状がすでに存在する高齢者の場合にのみ高くなります。

高齢者の免疫力が弱いためにファイザーワクチンが死亡

参照:ロシアのコロナウイルスワクチンがSputnik Vと呼ばれるのはなぜですか?

ワクチン接種後の感染

に対するワクチンについての怖いニュースコロナウイルスは定期的に出現します。最近、ワクチン接種後もコロナウイルスに感染したというニュースがありました。このようなケースは、米国とスペインで報告されています。ファイザーワクチンの有効性は過大評価されていると言えます。しかし、繰り返しになりますが、研究者たちは物事がそれほど悪くないことを保証します。事実、コロナウイルスワクチンは2段階で行われなければならず、その間に数週間が経過します。これは、体が必要な抗体を生成できるようにするために必要です。おそらく、ヒトの感染は、抗体がまだ開発されていない2つの段階の間の期間に発生しました。ワクチン接種後の感染例について詳しくは、こちらのリンクをご覧ください。

あなたが科学技術のニュースに興味があるなら、私たちの電報チャンネルを購読してください。あなたは私たちのサイトからの最新ニュースの発表を見つけるでしょう!

マスクを着用し、定期的に手を洗い、ワクチンを投与した後でも、公共の場所から離れることをお勧めします。これまで、ロシアでのワクチン接種は、さまざまなカテゴリーの市民に対して自主的に行われてきました。 1月18日からマスになります。 1月末までに、コロナウイルスに対するロシアのワクチンが約210万回投与され、国民が使用できるようになると報告されています。