全般リサーチテクノロジー

中国は人々を火星に送る計画を発表した

赤い惑星、要注意。 中国は公式にIlon Mask、Jeff Bezos、NASAに加わりました。人を火星に送る計画についての中国の宇宙機関による声明は、月に拠点を作りたいという天の帝国の願望が原因である可能性があります。多くの専門家の観点から見ると、月は長距離宇宙飛行の一種の踏み台のように見えます。さらに、私たちの惑星の衛星の開発は、宇宙の力の状態で中国を確認します。

赤い惑星は長年にわたって人々を悩ませてきました

中国は有人月のミッションの準備をしています、有人の科学的前post基地の作成を含む。これは、主要な国家宇宙請負業者である中国航空宇宙科学技術公司によって報告されました。同社の代表者は、中国の月探査の最終目標は、火星への有人飛行の科学的および技術的基盤を築くことであると述べた。中国の次のステップは、月の有人探査です。国は科学研究のために月に拠点を作り、人類の生息地を拡大し、月の限界を超えた深宇宙への遠征のための経験と知識を得ようとしています。長期的な目標は、人々を火星に送ることです。

これは中国が公にした史上初めてですレッドプラネットへの有人飛行の計画を発表しました。北京の宇宙技術研究者であるパン・ジハオは、人類が火星に到達することは非常に重要であり、一部の中国の科学者は2050年までに火星への有人ミッションを実施するつもりであると付け加えた。研究者によると、火星に宇宙飛行士を派遣すると、レッドプラネットの生命の痕跡を探す機会が増えます。私たちの太陽系では、火星は地球に最もよく似ているため、そこでの生命の可能性を研究することで、私たちの故郷の惑星の生命の起源と進化をよりよく理解することができます。

ハイテクの世界からの最新ニュースをフォローしてください。Telegramのニュースチャンネルを購読してください。

火星に飛ぶには異常に速いロケットが必要です

科学者の中には、数十億年前、火星は環境の点で地球に非常に似ていました。少し前まで、レッドプラネットに古代のオアシスが存在する証拠が見つかったため、有人ミッションで広範な研究が可能になります。研究の結果が地球の将来を予測できる可能性があります。実際、既存の無人ミッションが火星に水の痕跡を見つけた場合、宇宙飛行士をそこに送り、小惑星との衝突などの地球上の壊滅的な予期せぬ状況の場合に大規模な惑星間移民の可能性を研究するために前post基地を設置する必要があります。そして、おそらく、気候変動によって引き起こされる問題の場合。現時点での中国の計画は非常に現実的に見えることに注意する必要があります-少なくとも火星の植民地化の問題はありません。少なくともまだ。

これは興味深いです。宇宙飛行士は火星に旅行中にハイパーソンに入ることができます

人々は火星に住むことができますか?

アメリカのエンジニアがかつて言ったようにテレビ司会者ビル・ナイ-火星に息をするものは何もありません。そして、これは将来の入植者が直面する問題の中で最も小さいものです。科学者とエンジニアは、有人ミッションを火星に送るために多くの困難を克服しなければなりません。まず、火星は地球から非常に遠い-最も近い距離は5,500万キロメートルです。これは、往復に500日以上かかることを意味します。第二に、地球と火星の軌道に沿って有人ロケットを発射するには、ロケットが非常に高速で飛行できる必要があります。さらに、宇宙放射線についても忘れないでください。最近の研究により、放射線は脳に悪影響を及ぼし、宇宙空間での長期滞在の場合、一時停止したアニメーションの状態であっても、火星の最初の入植者は以前ほど賢く着陸するリスクがありません。

今日、私たちが火星に入植できるかどうかはわかりません

考慮すべきその他の要因注意には、火星と地球に関連する宇宙船間の通信障害、火星での運用をサポートするエネルギー源の有用性、および別の惑星への長期滞在によって引き起こされる宇宙飛行士の健康リスクが含まれます。骨塩密度、宇宙放射線、宇宙飛行士の精神状態の低下は、ミッション全体に脅威をもたらします。科学者は、信頼性の高い生体再生生命維持システムを開発する必要があります。それでも、今日、私たちは既存の技術では火星への有人ミッションには十分でないことを認めなければなりません。

できると思いますか火星にたどり着くのか、それともレッドプラネットは億万長者や国家宇宙機関による大声での声明のままでしょうか?コメントやあなたの意見を電報チャットの参加者と共有してください。

しかし、結論を出す前に、待ちましょうNASAとSpaceXのコラボレーションの結果。最終的に、レッドプラネットへの有人ミッションに関連する問題の最善の解決策は、世界中の科学者が共通の目標のために団結することであり、個々の国家とその互換性のある国家、または中国の場合の常任指導者の利益のためではありません。