全般

2030年までに、240万人の日本人がロボットにより失業する

日本人はロボットが大好きで、彼らと一緒にいるすべてのもの接続しました。そしてこれは彼らの文化(ガンダムや新世紀エヴァンゲリオンのような少なくとも数々のアニメシリーズを思い出してください)だけでなく、日常生活の中でも表現されています。多くの日本人は、ロボットや家庭用のロボットの形で自分のおもちゃを手に入れます。この国の性的ロボットの未来について私たちは何を言うことができますか?しかし、最近の研究の結果を信じれば、2030年までにロボットが240万人の土地を奪うことになるので、ロボットの愛は結局日本との残酷な冗談をするように思われる。

研究の結果は前日に発行された、それは三菱総合研究所の専門家によって行われました。レポートは白黒で15年以内に日本の仕事の数がほぼ250万人削減されると述べています。そしてこれは主に、ゆっくりだが確実に、ロボットが人々を生産プロセスから追い出しているという事実によるものです。同時に、レポートの執筆者は、これは愚かなマニピュレータではなく、特に人工知能を発達させたロボットについてであることを特に強調しています。

「人工分野における積極的な開発インテリジェンスは既存の製造業に深刻な影響を及ぼす可能性があります。それが今度は人員削減につながるので、今日、私たちは、ロボットのために仕事を失った人々のために、小さいながらも安定した収入を保証する何らかの国家支援プログラムを作成することを考える必要があります。」

まず、レポートによると、ロボット化工業企業だけでなく、サービスと貿易の領域をオーバーランします。解雇された人々の中には、もちろん、他の分野で自分自身を見つけることができるようになるでしょうが、残りの日本人には何も残されないでしょう。昇る太陽の国では、原則として、あなたが仕事を得れば、あなたはそれをあなたの一生のうちに働かせることを思い出します。自分の要求で雇用主を変更する場合は非常にまれです。それにもかかわらず、日本の多くの人々はすでに来る傾向を感じています、そして2030年までに、人工知能とロボット工学の専門家の数は500万人に増加するでしょう。これらの人々はおそらく仕事なしにはいられないでしょう。