テクノロジー

ブルーオリジンは月着陸モジュールの最初のエンジンテストを実施しました

Blue Origin社が最初の発砲を行いましたそれによって開発されている月着陸モジュールのために開発されているBE-7エンジンのテスト。テストはNASA航空宇宙局のMarshall Space Centerで行われました。システムは通常モードで35秒間動作しました。 Vergeポータルが指摘しているように、同社にとって、これらのテストはBlue Moonモジュールの開発における大きな一歩であり、それは次の10年の半ば頃に月に行く必要があるでしょう。

Blue Originの創設者兼CEOが共有しました彼のTwitterのページを通してテストのビデオ。この記録は、水平に取り付けられたエンジンのノズルからどのようにして緑色、次に透明な炎が出るかを示しています。源によって説明されるように、緑色の炎はエンジンを始動させるのに使用される特別な液体の燃え尽きの存在によって説明されます。エンジン自体が液体酸素と水素の混合物(水製品の派生物)の混合物に作用するので、それが燃えるとすぐ炎は透明になります。

#BE7月着陸エンジンの最初のホットファイア昨日はMarshall Space Flight Centerで。データ条件テストは計画された全期間 - 35秒でした。 @BlueOriginチーム全体に感謝し、すべての手助けをしてくれた@NASA_Marshallに感謝します。 pic.twitter.com/cTjjrngumY

- Jeff Bezos(@JeffBezos)2019年6月20日

</ p>

青い起源は月に飛ぶ

1か月前に、Jeff Bezosが思い出してください。彼の会社は3年間着陸モジュールを開発していると発表しました。そして、それは次の10年に地球の衛星に行くでしょう。この装置にはBE-7着陸エンジンが1つ装備されています。 Bezosによれば、このモジュールは上昇するステップ(地球に戻るための)を備え、そして月にすでにある装置から「発射された」マイクロサテライトを備えた1つの大型有人月面車、または2つのコンパクトな自動リサーチを搭載できるローバーそして、装置のエンジン自体が液体酸素と水素の混合物に基づいて作動するので、そのための燃料は潜在的に月面で直接生成され、衛星の極地域から水を抽出する可能性があります。

Bezosが最初にBE-7エンジンを導入したとき大規模なプレゼンテーションの間、彼はBlue Originが人々を月に戻すためにNASAプログラムを援助するためにBlue Moon着陸モジュールを使用することに非常に興味があることを明らかにしました。そしておそらくBlue Originは、このプログラムに積極的かつ直接的な役割を果たすことができます。今年の夏、米国航空宇宙局は民間企業によって開発された着陸モジュールのための最も成功したオプションを選択するつもりであり、今年の終わりまでにそのうちの1つか2つが建設を完了するのを援助するでしょう。 Blue Originがその選択肢をどれだけ進歩させたかを考えると、同社は非常に深刻な候補です。

あなたは私たちの電信チャットでニュースについて議論することができます。

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。