ガジェット

Appleは11月10日にMacBookProとMacBookAirにブランドチップをプレゼントします


Appleは3番目の秋の日付を発表しました来週の火曜日、11月10日に開催されるプレゼンテーション。今後の「OneMoreThing」イベントの主なテーマは、2006年以降に使用され、PowerPCプロセッサに取って代わったIntelのチップに代わる独自のプロセッサへのAppleの移行の開始です。

表示される予定の新しいラップトップ今後のイベントでは、ARMベースのプロセッサを受け取ります。 Appleは、新しい13インチおよび16インチのMacBookProと新しい13インチのMacBookAirの3つのモデルの開発を完了しました。 MacBook Pro(13インチ)とMacBook Air(13インチ)はFoxconnの工場で製造され、大型の16インチMacBookProはQuantaComputerによって組み立てられています。どちらの13インチモデルもOneMoreThingイベントで展示されます。

インサイダーのバージョンによると、出版物に表現Bloombergは、プロセッサの交換以外の新しいラップトップモデルであり、大幅な設計変更は行われません。ラップトップの新しいプラットフォームは、最新のiPhoneおよびiPadAirモデルにインストールされている独自のA14チップに基づいています。開発者によるテストでは、これらのプロセッサが同等のIntelチップよりも消費電力が少ないことが確認されています。

Appleの独自のプロセッサへの移行約2年かかります。同社のエンジニアは現在、iMac、iMac Pro、Mac Pro、Macminiのアップデートに取り組んでいます。インサイダーは、Appleの最高級デスクトップである更新されたMac Proは、大幅に小さいシャーシを取得できると報告しています。

Appleの究極の目標は、すべてのブランドデバイスに共通のアーキテクチャ。将来のiPhone、Mac、iPad、およびApple Watchは同じチップ上で実行され、デバイスが同じエコシステムでより適切に動作できるようになり、iPhoneアプリがMac上で初めて実行できるようになります。

ソース:ブルームバーグ