タブレットレビュー

発表。 VivoT1-中国の価格設定の奇妙さについて

本音をいうと。VivoT1が9月に発表されたVivoiQOOZ5とどのように違うのか正確にはわかりません。それらの特性は同じです。色だけが違います。しかし、何らかの理由で、VivoT1は大幅に高価です。どうして?多分材料が違う…多分カメラ。または完全なセット。または、他の何か。遠くからは見えません。

T1左、Z5右

特徴を思い出させていただきます。

急成長しているチップセットクアルコムSnapdragon778G。電力は平均を上回っています。 AnTuTuでは、スマートフォンは約50万匹のオウムを受け取ります。たくさんのメモリがあり、高速です。 8GBまたは12GBの運用LPDDR5、128GBまたは256GBの永続UFS3.1。メモリーカードはサポートされていないようです。

巨大な6.67インチの画面。標準の高解像度1080×2400(395 ppi)。高いリフレッシュレート-最大120Hz。

5000 mAhは、最新のバッテリーのゴールドスタンダードです。 44W中速充電。

カメラのセットは典型的で、かなり単純です。解像度16MPの単独のフロントカメラ。トリオ64+ 8 + 2 MPの背後-メインカメラ、広角、マクロ。

軟膏で飛ぶ-NFCモジュールはなく、LTEバンドもまったくありません(7番目も20番目もありません)。

蜂蜜のカップは他のすべてです。 Type-C、6番目のWi-Fi、5G、ジャイロスコープ、サイド指紋スキャナーがあります。

Vivo T1の価格は2199円(₽24400、344ドル)、2399円バージョン8+ 128、8 + 256、12 + 256 GBの場合、それぞれ(₽26,600、$ 375)および¥2,599(₽28,800、$ 406)。 Vivo iQOO Z5は正確に300円(₽3330、46.9ドル)安いです。同じバージョンで¥1,899(₽21100、$ 297)、¥2099(₽23300、$ 328)、¥2299(₽25,500、$ 359)。

Vivo T1の主な機能:

画面S-IPS、6.67インチ、1080×2400、395 ppi、120 Hz、センサーポーリングレート240 Hz、16M色、タッチ、静電容量式、マルチタッチ
IronQualcomm Snapdragon 778G
2.4 GHz、1 x Kryo 670(Cortex-A78)、3 x Kryo 670(Cortex-A78)、4 x Kryo 670(Cortex-A55)、Adreno 642L
RAM:8〜12 GB、ROM 128〜256 GB、メモリカードなし、LPDDR5、UFS3.1
モバイルインターネット5G
LTE
HSDPA、HSUPA

モバイルネットワーク5Gバンド1,5,8,28,41,77,78
LTEバンド1,3,5,8,28,34,38-41
UMTSバンド1(2100)、5(850)、8(900)
GSMバンド2(1900)、3(1800)、5(850)、8(900)
CDMA 800
バッテリーLi-Pol、5000 mAh、急速充電44.00 W
寸法164.7x 76.68 x 8.49 mm
重量192 g
背面カメラ:トリプル、フラッシュ、オートフォーカス

-64 MP、f / 1.79

-8 MP、広角、f / 2.2、120°

-2 MP、マクロ、f / 2.4、4 cm
フロントカメラ:16 MP、f / 2.45、フラッシュなし、オートフォーカスなし
ナビゲーションGPS、GLONASS、北斗、ガリレオ
OS Android 11、OriginOS 1.0
センサー加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパス、近似、照度、指紋スキャナー(側面)
USBType-C v2.0、USB-OTG

ジョージ・キセイェフ

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。