ニュース

発表。サムスンギャラクシーF62-ヘビーミドルクラス(+ファーストビュー)

サムスンがなんとか感動させたのはめったにない機会です。サムスンギャラクシーF62の機能に対する価格の比率は非常に興味深いものです。インドでのみ発表されたのは残念です。

価格。バージョン6+ 128 GBの場合は23,999ポンド(₽24,400、330ドル)、8 + 128 GBの場合は25,999ポンド(26400ドル、357ドル)。 (メモリカードのサポートがあり、別のトレイがあります)。

チップセットは予想外です。 2019 Exynos9825。で使われる
Galaxy Note10、Galaxy Note10 +そして...それだけです。それら。チップを発表し、その上にいくつかの旗艦をリリースし、1年半の間その存在を忘れました。それから彼らは中産階級の「インディアン」を思い出して入れました。一瞬、このチップは約45万のAnTuTuポイントを与えます。それら。権力はまだほとんど旗艦です。

画面には、新しく追加されたリフレッシュレートがありませんが、それ以外は問題ありません。 Super AMOLED +、6.7インチ、高解像度1080×2400(393 ppi)。

7000mAhの容量を持つ巨大なバッテリー。 25Wの急速充電をサポートします。

たくさんのカメラ。フロントカメラ32MP、クラシックカルテット64 + 12 + 5 + 5 MPの後ろ(メインモジュール、広角、マクロ、深度センサー)。

NFCモジュール、デュアルバンドWi-Fi、Type-Cがあります。色が好奇心旺盛です。要するに、すべての意味で、そのお金のためのスマートフォンはただの火です。

いくつかのサンプル写真を含む、インド英語での最初のビデオビューがすでにいくつかあります。誰が気にする-猫へようこそ。

レビュー

サムスンギャラクシーF62主な機能:

ScreenSuper AMOLED Plus、6.7″、1080×2400、393 ppi、16M色、タッチ、容量性、マルチタッチ
IronExynos 9825
2.73 GHz、2 x M4チーター、2 x Cortex A75、4 x Cortex A55、Mali G76 MP12
メモリ6〜8 GB RAM、128 GB ROM、最大1 TBのMicro-SD、個別のスロット
モバイルインターネットLTE
HSDPA、HSUPA

モバイルネットワークLTE
UMTS
GSM
バッテリーリチウムイオン、7000 mAh、急速充電25.00 W
寸法163.9x 76.3 x 9.5 mm
重さ218 g
背面カメラ:クワッド、フラッシュ、オートフォーカス

-64 MP

-12 MP広角

-5 MP、マクロ

-5 MP、深度センサー
フロントカメラ:32 MP、フラッシュなし、オートフォーカスなし
ナビゲーションGPS、GLONASS、北斗、ガリレオ
OS Android 11、One UI 3.1
センサー指紋スキャナー(サイド)、NFC
USBType-C v2.0

ジョージ・キセイェフ

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。