ニュース

発表。 Realme Q5 Proは、チェスの外観を備えたセミフラッグシップです。

今日の中国は公式にそして全部でRealmeQ5およびRealmeQ5Proスマートフォンについて詳しく説明します。デバイスは完全に異なり、なぜそれらが1つのシリーズに統合されたのかはあまり明確ではありません。したがって、それぞれに個別のニュースを作成することをお勧めします。このニュースはRealmeQ5Proに関するものです。ここで2番目のデバイスについて読むことができます。


Realme Q5 Pro

Realme Q5 Proは、外部と昨年秋に発表されたRealmeGTNeo2スマートフォンの内部。大きな違いは2つだけです。他の色。そして異なる充電速度。 Realme Q5 Proの場合、それはより高く、GTNeo2の「たった」65Wに対して80Wにもなります。


Realme GT Neo2

さて、チェッカーボードのデザインは何か新しいもののようです。セルが足りないのは残念です。フルチェス盤は収まりません。

特性について。

チップセットはほぼ最も強力なQualcommですSnapdragon 870なので、AnTuTuではスマートフォンに約70万ポイントが表示されます。 6または8GBのRAM(Neo2の場合は最大12 GB)、128または256GBの永続メモリ。メモリカードのサポートは確認されていません。

バッテリーは一般的です、バッテリーは容量があります-5000 mAh(より正確には、2500mAhの2つのバッテリー)。 80 Wの超高速充電(Neo2の36分に対して0から100パーセントまで33分-もちろん、違いは基本です)。

サムスンE4AMOLEDスクリーン。小さくない、6.62インチ(106cm²)。標準の高解像度1080×2400(398ppi)。最大120Hzの超高リフレッシュレート。

カメラブロックはエレガントにデザインされていますが、カメラ自体はものすごく単純。 64 + 8 + 2 MP-メインモジュール、広角、マクロ。望遠カメラや本格的な安定化システムの話はありません。フロントカメラも目立つ可能性は低いです。 16MP。 Neo2のメインカメラにはSonyIMX682センサーが搭載されています。ここでは、おそらく同じですが、公式にはわかりません。

6番目のWi-FiであるType-Cがあります。指紋スキャナーは画面に組み込まれています。どうやら、NFCモジュールはありません(Neo2にはあります)。

Realme Q5 Proの価格は、バージョン6 + 128、8 + 128、および8 + 256 GBの販売開始時に、1899円(₽23500、297ドル)、2099円(25900ドル、328ドル)、2299円(28400ドル、360ドル)です。 、 それぞれ。

Realme Q5 Proの主な機能:

ScreenAMOLED、6.62インチ、1080×2400、398 ppi、106cm²、120 Hz、1Bカラー、タッチ、容量性、マルチタッチ、Samsung E4
IronQualcomm Snapdragon 870
3.2 GHz、1 x Kryo 585(Cortex-A77)、3 x Kryo 585(Cortex-A77)、4 x Kryo 585(Cortex-A55)、Adreno 650
MemoryRAM 6〜8 GB、ROM 128〜256 GB、メモリカードなし、UFS 3.1
モバイルインターネット5G
LTE
HSDPA、HSUPA

モバイルネットワーク5Gバンド1、3、5、8、28、41、77、78
LTEバンド1-5、7、8、18、19、26、28、34、38-41
UMTSバンド1(2100)、2(1900)、4(1700)、5(850)、6(800)、8(900)、19(800)
GSMバンド2(1900)、3(1800)、5(850)、8(900)
CDMA 800
充電式Li-Pol、5000 mAh、急速充電80.00 W、2 x 2500 mAh
寸法162.9x75.8 x 8.65 mm
重量194.5g
背面カメラ:トリプル、フラッシュ、オートフォーカス

-64 MP、f / 1.79、81°、25.20mm

-8 MP、広角、f / 2.25、119°、15.70mm

-2 MP、マクロ、f / 2.4、4 cm
フロントカメラ:16 MP、f / 2.45、78°、1 / 3.09インチ、フラッシュなし、オートフォーカスなし
ナビゲーションGPS、GLONASS、北斗、ガリレオ
OS Android 12、realme UI 3.0
センサー加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパス、近似、照明、指紋スキャナー(スクリーン)
USBType-C

ジョージ・キセイェフ