ニュース

発表。 OPPO K9 5Gスマートフォン-「09-K」とはどういう意味ですか?

私はなぞなぞが大好きですが、答えを見つけることができないのは少し不安です。

中国では、OPPO K95Gスマートフォンが発売されました。素敵な中産階級。そして、以前に提示されたスマートフォンの2倍でさえありません。

さて、登場しました-そして登場しました。 2色。1つ目は明るい虹色の何かです。 2番目は黒です。そして、この2つ目は裏面に「09-K」の刻印があります。どうやら、それはスマートフォンの箱にもあります。どういう意味ですか?私は知らない。 5分間検索しても、答えが見つかりませんでした。グーグルの仕方をすっかり忘れてしまいました。

スマートフォンについて。弾力のある鉄、超高速充電、しっかりした画面。すべてについて順番に。

チップセットは珍しい、QualcommSnapdragon768G。そして、その上に単一の国際的なスマートフォンはありません。 AliExpressでは見つけることさえできないかなりの数の中国語。パフォーマンスは良好です。 AnTuTu9の45万ポイントの領域。たくさんのメモリがあります。 8 GBのRAM、128GBまたは256GBのストレージ。メモリカードのサポートについては触れられていません。彼女はここにいないようです。

AMOLEDスクリーン、対角線-通常の6.43インチ。解像度は高く、1080×2400(409 ppi)です。リフレッシュレートは極端ではありませんが、それでも標準の90Hzよりも高くなっています。

しかし、極端と言えるのは充電速度です。ここで最大65W、つまり記録に近い。バッテリー容量は現在平均、4300mAhです。

カメラ。解像度32MP、リアトリオ64 + 8 + 2 MPのかなり標準的なフロントカメラのセット-メインモジュール、広角、マクロ。

画面に組み込まれた指紋スキャナー、NFCモジュールいいえ、LTEバンドもありません-7番目も20番目もありません。 OPPO K9 5Gが中国の店舗に配送されて登場しても、購入しても意味がありません。

価格は悪くなく、高すぎません。 8 + 128 GBバージョンの場合は1999円(₽23100、309ドル)、古いバージョンの8 + 256 GBの場合は2199円(25400ドル、340ドル)。

OPPO K9 5G主な機能:

画面AMOLED、6.43インチ、1080×2400、409 ppi、90 Hz、センサーポーリングレート180 Hz、16M色、タッチ、静電容量式、マルチタッチ
IronQualcomm Snapdragon 768G
2.8 GHz、1 x Kryo 475(Cortex-A76)、1 x Kryo 475(Cortex-A76)、6 x Kryo 475(Cortex-A55)、Adreno 620
メモリー:RAM 8 GB、ROM 128–256 GB、メモリーカードなし
モバイルインターネット5G
LTE
HSDPA、HSUPA

モバイルネットワーク5Gバンド1,3,28,41,77,78
LTEバンド1,3-5,8,28,34,38-41
UMTSバンド1(2100)、2(1900)、4(1700)、5(850)、6(800)、8(900)、19(800)
GSMバンド2(1900)、3(1800)、5(850)、8(900)
CDMA 800
バッテリーリチウムイオン、4300 mAh、急速充電65.00 W
寸法159.1x 73.4 x 7.9 mm
重量172 g
背面カメラ:トリプル、フラッシュ、オートフォーカス

-64 MP、f / 1.7

-8 MP、広角、f / 2.2

-2 MP、マクロ、f / 2.4
フロントカメラ:32 MP、f / 2.4、フラッシュなし、オートフォーカスなし
ナビゲーションGPS、GLONASS、北斗、ガリレオ
OS Android 11、ColorOS 11.1
センサー加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパス、近似、照明、指紋スキャナー(スクリーン)
USBType-C v2.0、USB-OTG

ジョージ・キセイェフ

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。