ニュース

発表。 HisenseF50の簡易バージョンとしてのTigerT7510上のHisenseF50 + 5G

Hisense F50スマートフォンは、今年4月に中国で正式に発表されました。しかし、私が知る限り、私は店にたどり着きませんでした。


ハイセンスF50

Hisense F50は面白かった、まず第一に、これまで知られていなかったチップセット。 5Gネットワ​​ークをサポートする特定のUnisocTigerT7510。特性に関しては、MediaTek Helio P95に近く、Helioのみが第5世代ネットワークをサポートしていません。それら。理論的には、AnTuTuでは約20万ポイントのパフォーマンスが期待されます。 (私がこれらのオウムのパフォーマンスを測定することをあなたは私に許します。それは彼らが快適であることがあまりにも痛いです)。

Hisense F50 +は、奇妙なことに、HisenseF50のやや簡略化されたバージョンです。さらに、変更はカメラにのみ影響しました。ハードウェア、メモリ、画面、バッテリーなど、他のすべてはまったく同じです。


ハイセンスF50 +

すぐにコストについて。 1,699円(₽19,600、258ドル)というやや控えめな値札が発表されました。もちろん、中国内の値札。

概して、チップセットについては何も言うことはありません。過去6か月間、これに基づくデバイスは登場していません。 MediaTek Helio P95に関する情報から始めると、比較的まともなものからの典型的な平均です。ジュニアミドルクラス。

メモリがあれば、すべてがうまくいきます。 6 GBのRAM、128GBの定数。メモリカードのサポートはありますが、トレイはハイブリッドです。

画面は弱いリンクです。 IPSマトリックスを使用した6.52インチ。解像度は高くなく、720×1600(269 ppi)のみです。

バッテリーは良好で、5100mAhです。 18Wの高速充電があります。

カメラではあまりはっきりしません。本体はトリプルです(Hisense F50の4倍に対して-広角モジュールは失われました)。カメラの解像度が16+ 2 + 2 MPであることを示す画像があります(メインモジュール、マクロ、3番目はおそらく深度センサーです)。そして、仕様のページがあり、メインモジュールは次のように書かれています。

48M(兼容16M、兼容13M)

自動翻訳者は、これらの象形文字を単語として翻訳します「互換性がある」。そして、48MPが16MPからの補間によって得られるのか(これはクレイジーに聞こえます)、または16MPが48MPから得られるのか(これは正常ですが、なぜ16 MPをメイン解像度として示すのですか?)そして、どこから13 MPを掘り出しましたか?これはすべて不思議です。

直感によると、Hisense F50 +が中国国外に出現する可能性は低いとのことです。しかし、おそらく、それは実際にそこで販売を開始しますか?少なくとも、「タイガー」についてはもっと学びます。

Hisense F50 +の主な機能:

スクリーンS-IPS、6.52インチ、720×1600、269 ppi、16M色、タッチ、容量性、マルチタッチ
アイアンユニソックタイガーT7510
4 x Cortex-A75、4 x Cortex-A55、PowerVR GM9446
メモリ6GB RAM、128 GB ROM、Micro-SD、ハイブリッドスロット
モバイルインターネット5G
LTE
HSDPA、HSUPA

モバイルネットワーク5G
LTE
UMTS
GSM
バッテリーリチウムイオン、5100 mAh、急速充電18.00 W
寸法165.5x 77.9 x 9.95 mm
背面カメラ:トリプル、フラッシュ、オートフォーカス

-16 MP

-2 MP、マクロ

-2 MP、深度センサー
フロントカメラ:8 MP、フラッシュなし、オートフォーカスなし
ナビゲーションGPS、GLONASS、北斗
OSAndroid 9.0パイ
センサー加速度センサー、アプローチ、照度、指紋スキャナー(背面)
USBType-C v2.0

ジョージ・キセイェフ