ニュース

発表。遠く離れた場所のための高価なモトローラワン5Gエース

アメリカで発表されたミッドレンジスマートフォンMotorola One5Gエース。ご想像のとおり、これは5Gネットワ​​ークをサポートするスマートフォンです。費用は399.99ドル(₽29,500)です。安くない。比較のために、今のところAliExpressで彼の「クラスメート」Redmi Note 9 Pro 5Gを282ドル(₽21700)で購入できます(チップ、メモリ、寸法、バッテリーはほぼ同じですが、Redmiのカメラは低温で、充電が速く、高いです画面の更新率)。しかし、モトローラは突然バロメーターを持っています。


モトローラワン5Gエース

特性について簡単に説明します。

Qualcomm Snapdragon 750Gチップセットは、30万のAnTuTuポイントを備えた、新鮮なミッドレンジです。

メモリ。運用4または6GB、永続的な64または128 GB、メモリカードのサポートがあります。 (若いバージョンの価格は発表されていません)。

ベルやホイッスルのない典型的なモダンスクリーン。大、6.7インチ。 LTPSマトリックス。解像度は高く、1080×2400(393 ppi)です。画面のリフレッシュレートの増加は発表されていないため、明らかに従来の60Hzがあります。

バッテリーに問題はありません。容量5000mAh。最も遅い充電がサポートされていますが、それでも、すでに高速と呼ばれています-15ワット。キットには充電器が含まれていますが、10Wしかありません。かなりの金額を節約できました。

カメラ。フロントカメラ16MP。後ろには48+ 8 + 2 MPのトリオ(メインモジュール、広角、マクロ)があります。素晴らしいのは、マクロカメラにオートフォーカスが装備されていることです。

NFCは、Type-Cは、Wi-Fi#5です。バンド20を含むすべての「当社の」LTEバンドが存在します。

IP52に宣言されたスプラッシュ保護。 (マーケティングから人間への翻訳-決して濡れないでください!)

明らかな欠点のうち、SIMカードは1枚しかありません。

いくつかの「一見」

  • TechRadar:ハンズオン:Motorola One 5GAceレビュー
</ p>

主な機能MotorolaOne 5Gエース:

スクリーンLTPS、6.7インチ、1080×2400、393 ppi、60 Hz、16M色、タッチ、容量性、マルチタッチ
IronQualcomm Snapdragon 750G
2 x Kryo 570(Cortex-A77)、6 x Kryo 570(Cortex-A55)、Adreno 619
メモリ4〜6 GB RAM、64〜128 GB ROM、最大1 TBのマイクロSD、個別のスロット
モバイルインターネット5G
LTE
HSDPA、HSUPA

モバイルネットワーク5Gバンド2,5,25,41,66,71
LTEバンド1-5、7、8、12-14、17〜20、25、26、29、30、38〜41、66、71
UMTSバンド1(2100)、2(1900)、4(1700)、5(850)、8(900)
GSMバンド2(1900)、3(1800)、5(850)、8(900)
バッテリーリチウムイオン、5000 mAh、高速充電15.00 W、充電10 W
寸法166.1x 76.1 x 9.9 mm
重量212 g
背面カメラ:トリプル、フラッシュ、オートフォーカス

-48 MP、f / 1.7、0.80μm、PDAF、 [メール保護][メール保護]

-8 MP、広角、f / 2.2、118°、1.12μm

-2 MP、マクロ、f / 2.4、1.75μm
フロントカメラ:16 MP、f / 2.2、1.00μm、 [メール保護]、フラッシュなし、オートフォーカスなし
ナビゲーションGPS、GLONASS、ガリレオ
OS Android 10
センサー加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパス、近似、気圧計、照度、指紋スキャナー(背面)、NFC
USBType-C v2.0

ジョージ・キセイェフ